日刊大衆TOP 芸能

里田まいと菅野美穂「新妻アゲマン力」比べ vol.2

[週刊大衆9月9日号]

一方の堺雅人といえば、今年の4月に、女優の菅野美穂(35)と結婚したばかり。
「結婚後、初の主演ドラマが大当たりしていることから、菅野のアゲマンぶりが評判となっているんです」(テレビ誌記者)

2人の出会いは、昨年12月公開の映画『大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇』での共演だといわれている。
「撮影当初から、堺は菅野に熱を上げていたとか。"あのドラマの演技は素晴らしかったです"などと、必死に話のきっかけを作るその様子は、周囲の誰もが"ありゃ、完全に口説きに入っているな"とミエミエだったとか(笑)」(芸能関係者)

撮影期間中は交際にまで発展しなかったというが、上映を控え、2人で宣伝のためにテレビ出演をするなど、顔を合わせる機会が増えると、改めて急接近。
「当時、菅野は主演ドラマ『結婚しない』(フジテレビ系)の撮影と重なる多忙な生活で、体調を崩しがちだったそうです。そんな菅野の心の隙間に、いつの間にか堺が入り込んだようですね」(前同)

そして、4月には入籍を果たしているのだから、交際は実質3カ月ほど。
「堺は、周囲に"雰囲気と肌質に惚れた"とノロけていたようですが、菅野を"いちばん信頼できる演技の相談役"とも言っているそうです。笑顔が特徴的な堺が、今回の半沢直樹のように"クソ上司!""倍返しだ!"という強気の決めゼリフを吐く型破りな主人公を演じるのは大きな挑戦でしたが、見事な役作りの陰には、菅野のアドバイスがあったようですよ」(ドラマ関係者)

里田のように、手料理を公表こそしないものの、「菅野も入籍後は仕事をセーブして、堺のサポートに努めています。堺は安心して難役に打ち込めているのではないでしょうか。この勢いなら、『半沢直樹』が40%超の視聴率を弾きだす可能性だって、十分ありますよ」(前同)

アイドル事情にも詳しい昭和文化研究家のミゾロギ・ダイスケ氏は、里田と菅野のアゲマン力の秘密を、こう分析する。
「2人とも、飾らない気さくな人柄でありながら、周囲には"気配りの人"とも言われ、業界内に味方が多いようです。そんな彼女たちが引き寄せるプラスのパワーを、それぞれの夫が独り占めしているのですから、絶好調も当然。まだまだ快進撃は続くのではないでしょうか」

羨ましすぎる!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.