日刊大衆TOP 芸能

NHK 朝の連ドラVS大河ドラマ女優 知られざる「ベッドの実力」五番勝負! vol.3

[増刊大衆8月27日号]

プルン揺れる「巨乳」味比べ
上戸彩VS夏菜

大河の重要な役に伸び盛りの女優を起用することがあるが、05年の大河『義経』の上戸彩(27)は、まさに、それだった。

上戸が演じたのは、滝沢秀明扮する主人公・源義経の幼なじみ・うつぼ。

幼少期から近くにいた彼女は、義経に恋心を抱くようになり、彼の悲劇的な生涯を最後まで見届ける。

一方、昨年下半期の朝ドラ『純と愛』でヒロインを演じたのが夏菜(24)。

ホテルウーマン志望で、沖縄生まれの元気印の女の子に扮した夏菜は、ハツラツとした演技で一躍、全国区の人気者になった。

この国民的女優2人の共通点は、やはり、おっぱいが大きいことであろう。

隠れ巨乳を噂されてきた上戸だが、Tシャツ一枚になると豊満な胸は隠しようもなく、隠れ巨乳から"隠れ"が取れるまで、それほど時間はかからなかった。

夏菜も女優として認知される前は、グラビアで悩殺ポーズを連発していた。
「細身なのに締まったプリ尻と、谷間クッキリのB85cm、Eカップ巨乳のジューシーな感じがたまらなかった」(青年コミック誌編集者)

映画『GANTZ』で、99%全裸シーンを披露している夏菜だけに、今後も期待してよさそうだ。
「一昨年5月、サッカー選手・小川佳純との熱愛が発覚しましたが、女優として仕事が忙しくなって破局。5月の24歳の誕生日に"いまは彼氏いません"と話しています」(芸能記者)

一方、上戸はV6・森田剛との"8年愛"の後に、EXILEのリーダー・HIROと昨年9月、彼女の27歳の誕生日に入籍。
「上戸は早く子供が欲しいようですが、稼ぎ頭の彼女を休ませたくない事務所が仕事を次々と入れてしまうんです。ただ、後輩の武井咲、剛力彩芽らも育ってきたので、そろそろ中出しにゴーサインが出るのではないでしょうか」(前同)

人妻になり、FがGカップに成長したとの話もある上戸。妊娠して、さらなる巨乳化に期待したい。

また、未婚の夏菜も巨乳化の可能性がまだまだ残されているといえるだろう。
「現時点でも、上戸と張り合う大きさですから、夏菜も多くの男に揉まれていけば、今後は"上戸超え"は間違いないでしょう」(同)

しかも彼女、風呂上がりは完全に汗が引くまで下着をつけない"裸族"。裸に対する敷居は低そうなので、今後"夏菜パイ"が拝める日は近いだろう。

そんな夏菜を、織田氏もこう高く評価する。
「夏菜はバラエティー対応力も抜群で"私、口の締まりが悪くて、すぐヨダレが垂れちゃうんです"などとエロい発言が出てくるあたりが素晴らしいんですね」

締まりの悪い上の口。下の口は、どうなんでしょ?

9月4日公開のvol.4に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.