日刊大衆TOP 芸能

長渕剛が生放送で突然熱唱、熱すぎるキャラにくりぃむ上田興奮

歌手の長渕剛(58)が7月12日放送の『Going! Sports&News』(日本テレビ系)にゲスト出演し、スポーツ選手らとの交流や自身の肉体トレーニングなどについて熱く語った。

番組は長渕ファンだというリオ五輪金メダル候補のテコンドー・濱田真由選手(21)をVTRで紹介。

今年5月のテコンドー世界選手権で日本人初の優勝を果たした同選手が、父親の影響で長渕の曲を知った事、中でも「Myself」は自身のテンションを上げる際に聴いている曲だという事が語られると、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也(45)からメッセージを促された長渕はそのままハープを吹きながら、生で同曲を歌唱。応援メッセージとした。

トップアーティストによる突然の生パフォーマンスに、同席していた出演者陣も総立ちで拍手喝采。少年時代は王貞治選手のファンで、現在はライブパフォーマンスの為に、プロのアスリート並みにハードな肉体トレーニングを欠かさないという長渕。普段はあまり語られる事のない「スポーツ絡み」の側面も含め、KAT-TUN・亀梨和也(29)や野球解説者・江川卓(60)も興奮を隠せない様子だった。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.