日刊大衆TOP 芸能

紫雷イオ インタビュー後編「王者になっても腰にベルトを巻けなくて、ずっと肩に担いでた」

紫雷イオ インタビュー後編「王者になっても腰にベルトを巻けなくて、ずっと肩に担いでた」

女子プロレス団体・スターダム。そのリングにおいて10回連続でベルトを防衛、さらに5代王座を獲得し、団体初のグランドスラムの偉業を飾るなど、スターの座を不動のものとしている紫雷イオ。「コアなプロレスファンではない一般の読者へ向けて、スターダムの魅力を伝える」というテーマを想定していたが、あの事件に関することからベルト論まで“逸女”ならではの至言が連発し、結果的に団体そのものの本質に迫るインタビューとなった。

高校生だった少女がスターダムを駆け上がった8年間とは、果たしてどんなものだったのか。いま最も注目される女子プロレスラー紫雷イオのインタビューをお届けする。


辞めたくないけど辞めなきゃいけないと思ってた

※インタビュー前編「姉の美央がいたから辞めずにこれた」
http://taishu.jp/16511.php


――愛川ゆず季戦での悔しさから、さらなるプロ意識が生まれた?

紫雷イオ(以下、イオ) ……実は、そこからしばらくはまだ伸びあぐねましたね、メンタルの弱さで。あがきまくったし、スランプにハマって。何をしても日の目を見ないというか。前座試合ばかりですし、自分でも薄かったと思います。でもスターダムという団体が輝いていたから、のし上がりたい、耐えるしかないって。メラメラと悔しい思いをしながらも、絶対、いつかは……って思っていましたね。それまで、色々なことがあったし……。

――それは、あの一件のことだと思うんですけど、触れても大丈夫なんですか?(註:2012年5月、遠征先のメキシコから乾燥大麻を密輸しようとした疑いで紫雷イオは逮捕されてしまう。しかしのちに、それが他レスラーからの遺恨で仕掛けられた冤罪であったことが発覚した事件)

イオ いまはようやく。だって、避けて通れない過去ですもん。あのときに「プロレスを辞めよう」というか「辞めたくないけど辞めなきゃいけない」と本当に思いました。デビューしたころ「辞めたいけど辞めちゃいけない」って思ってた私とはまったく反対の気持ちでした。

――その後の復帰からは、暫くは断罪というか、十字架を背負っている印象がありました。現在のイオ選手が背負っている“責任感”とは違って、当時は“責任”そのものを背負っているようで。

イオ 私自身いまひとつでしたね。それは分かっています。復帰して、両国大会でベルトを獲ってもいまひとつ……。正直にいうと、両国で王者になったあと、2週間くらい、ずっと泣き続けたんですよ。内容に納得がいかなくて。

――それは思うようにできなかった?

イオ 実力が無かったんです、あの時は。だから、ダメな試合内容になってしまったと。その試合直後から大泣きして、2、3週間、落ち込みましたね。

――自分に体する評価が変わったのは?

イオ 手ごたえというか、「変わったね!」って言われるようになったのは、高橋奈苗(現:高橋奈七永)さんと闘った3度目の防衛戦(2013年11月4日)辺りからです。あの試合で残り数秒のところで丸め込んで勝って。そこで自分に自信がついたというのもあるんですけど……。それまで私、ベルトを腰に巻かなかったんです、王者になっても。

――どうしてですか?

イオ 王者としてベルトが自分の手元にあるのは現実で、誰にも渡しちゃいけない。だけど、当時は初代王者の高橋奈七永という選手のイメージが強かったと思うんです。私自身、その奈苗さんがベルトを巻いている残像が目の前でこびりついて離れなくて。だから、自信が無くて腰に負けずに、肩にかけてましたね。それに気付いた人がどれ位いるかわかりませんけど……。だけど、奈七永さんとの防衛戦が終わった瞬間に巻きました。そこからの巻き返しは自分自身でもすごかったというか、成長できたというか。

次ページ >> 紫雷イオ インタビュー後編「王者になっても腰にベルトを巻けなくて、ずっと肩に担いでた」

紫雷イオ インタビュー後編「王者になっても腰にベルトを巻けなくて、ずっと肩に担いでた」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.