日刊大衆TOP 芸能

手ブラヌード披露!! カリスマ歌姫 浜崎あゆみ「SEX鑑定」

[週刊大衆9月9日号]

「いや~、いいカラダしてますよ。色白のもっちりした肌に、手ブラから覗く美乳……30代中盤には全然見えないですよ!」(グラビア誌編集者)

ポップ界の歌姫、浜崎あゆみ(34)が大胆なセミヌードをさらした女性誌『Majesty JAPAN』9月号(8月7日発売)が大きな話題になっている。
「書店では売り切れが続出して、ネットオークションでは定価の倍以上の値段で売買されています。まさに、"あゆヌード"の効果ですね」(女性誌記者)

そんな浜崎も例に漏れず、音楽業界の不況の影響を受け、一時期の勢いを失っている。
かつては、浜崎のコンサートといえばプラチナチケットで、入手するのは至難の業だった。
だが、今年のライブツアーは、「たとえば青森会場では、予約状況が相当よくなく、開催10日前に新聞に折り込みチラシを入れたそうですよ」(芸能記者)
と苦労しており、"天下のあゆ"といえど、人気のキープは大変らしい。

しかし、1998年の歌手デビューから16年、彼女がキープし続けているものがある。
それが、今回手ブラヌードで見せた極上ボディなのだ。

前出のグラビア誌編集者はこう話す。
「キープというより、よりエロくなっているんじゃないですかね。今回のグラビアでの、ヌルッとしたウエストのクビレ、ほどよい大きさながら谷間の深いおっぱい……いますぐ水着グラビアもできますよ」

実は、浜崎がセミヌードを披露したのは今回が初めてではない。
3年前にも、女性誌『ViVi』で脱いでいる。
よほど自信があるのだろう。
「エステに通うのは当然として、他にも加圧トレーニング、ビタミンやニンニク注射、最近はリンパマッサージにも凝っているようですよ。カネのかかるそれらとは逆に、食事は同居している母親の家庭料理を毎日食べるそうです。栄養のバランスを考えてのことでしょうね」(前出・女性誌記者)

お袋の味があの極上ボディを作っていたとは意外。
さらに意外なのが、「実は、ライバルのように見える倖田來未と仲がいいそうです。ママになってもエロい倖田と、エロ進化を競っているのかもしれませんね」(前同)

そんな努力の賜物の"あゆボディ"は、抱き心地も最高のようだ。
「数年前には、元恋人のアメリカ人男性J氏に、2人のセックスライフを暴露されたことがありました。"彼女のほうから激しく攻めてきた"とか、"生でヤッて、どこに出していい?って聞いたら、好きにしてっていうからそのままフィニッシュした"とか、相当赤裸々でしたね」(前出・芸能記)

少し前も、かつての彼、長瀬智也が浜崎とのセックスが忘れられないでボヤいている、という記事が出たりと、各方面から絶賛を受ける彼女のセックステク。

昨年1月、たった1年間のオーストリア人男性との結婚生活にピリオドを打ち、独身に戻った浜崎について、芸能リポーター・川内天子氏は、「今回のセミヌードはデビュー15周年の覚悟で、タトゥーまで露出した意気込みを感じます。男運の悪さなどすっ飛ばして、再ブレークしてもらいたいですね」と話す。

さらなる彼女のエロ進化を期待したい!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.