日刊大衆TOP 社会

野田と東電「狂気の福島第二原発再稼働」衝撃プランvol.3

[週刊大衆07月30日号]

当然、フクニの再稼働、その前に行なわれるであろう柏崎刈羽の再稼働の動きを、野田民主党は後押しすることになる。

「現政権の中で、最も力が持つのが、東電などで構成される電気事業連合会や、一部労組がバックアップしている仙谷由人氏を中心とするグループです。昨年末に野田首相が出した"収束宣言"も、彼らがねじ込んだ疑いがある。そして、大飯の再稼働。これで、大義名分さえあれば、いつでも再稼働ができる下地を作ってしまったわけです」(民主党関係者)

その大義名分というのが、"停電回避"だ。前出の本澤氏が、こう憤る。

「大飯は半ば、"停電が嫌なら認めろ"という脅しのような形で再稼働を認めさせました。ですから今後、第二、第三の大飯がないという保証は、どこにもありません」

いまのところ、東電広報部はフクニの再稼働について、本誌の取材に、
「福島第二原発については、冷温停止状態を維持しつつ、プラントの安全性調査をしている段階であり、今後のことについては、まったく決まっていません」
としているが、これまでの経緯からも、大飯同様、ある種の脅しを駆使して、再稼働を認めさせる可能性は否定できない。

「これほどまでの(フクイチの)大惨事を引き起こしてもなお、再稼動という動きがなくならない。このまま原子力ムラの私利私欲によって日本が滅びるのか、それとも原子力ムラが解体されるのか……今後は、そいう話になっていくと思います」(前出・佐藤市議)

この7月5日、国会事故調査委員会は、福島第一原発の事故を"人災である"と断定した。

誰も望まない、私利私欲の"福島第二原発再稼働"を許した結果、再び未曾有の大事故となれば……。

我々は自分たちの子や孫に、どんな言い訳をしても許されない"人災"を起こすことになる。それだけは避けなければならない!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.