日刊大衆TOP 芸能

大河内奈々子「昔の写真集は子どもに見られないところに…(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆08月03日号]

大河内奈々子「昔の写真集は子どもに見られないところに…(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

「『牡丹と薔薇』共演の小沢真珠とは今も友達。でもドラマを見た息子が"あのお姉ちゃん、悪い人"って…ウフフ」

04年の昼ドラ『牡丹と薔薇』で大ブームを巻き起こした大河内奈々子さん。現在も女優として活躍中の彼女に、急逝された今井雅之さんとの思い出からボタバラ秘話、私生活まで語っていただいた!

――スタイルが素晴らしすぎて、驚いています。

大河内 そんな、もう。

――うちの読者も、大河内さんの10~20代の頃のグラビアにお世話になったことが一度はあるはずです。

大河内 ありがとうございます。先日、家の本棚を整理していたら、17歳のときの写真集が出てきて、昔の自分と再会したんですよ。

――いかがでしたか?

大河内 初めてのグラビア撮影の緊張が、思いっ切り顔に出ていました(笑)。

――でも、過去の作品を保存してあるんですね。

大河内 ありますね~。でも、子どもに見られないところに、しまいました。

――お子さんはおいくつなんですか?

大河内 男の子で、6歳なんですよ。まだ見なくていいでしょ(笑)。

――そうですね。でも、今はインターネットもあるし、そのうち、見ちゃうんでしょうね。大河内さんの名前で検索すると、たくさん画像が出てきますし。

大河内 あぁ~、たぶん、濡れた布が張りついたような写真ですね。

――そうです、そうです。

大河内 あれが最後にやったグラビアなんですよ。たしか、24歳くらいだったかな。最後に思いっきりやっておこうかと思って、頑張っちゃったんです。

――24歳での"グラビア卒業"って早くないですか?

大河内 いろんな経験をさせていただいて、楽しかったんですけど、若い子もどんどん出てきていたし。今は、30代の方でも、色っぽくてステキなグラビアをやられていますけど、当時は、まだそういうニーズはなかったので、そろそろ自分が生きる道を見つけなければって思ったのが、その頃だったんですよ。

――女優として、やっていこうと。

大河内 そうですね。ちゃんとお芝居の勉強をしたいなと思って。

――それで、今の大河内さんがあるわけですね。

大河内 そうですね。5月には、10年ぶりの舞台をやらせていただきましたし、公開が控えた映画やドラマもあって、今はとても充実していますね。

――その中の一つが、今年の秋公開予定の映画『かぐらめ』ですね。どんなお話なんでしょうか?

大河内 伝統芸能の「獅子神楽」を継承する父娘のお話ですね。私は、その父娘の関係を、こじらせてしまう、ちょっと謎めいた小料理屋の女将の役でした。

――お~、"魔性の女"みたいな感じですか?

大河内 お父さん役の大杉漣さんは、私の役について"このあたりの男たちは、皆、この女にだまされているんだ"って言っていましたね。台本を読んでも、そんなこと一行も書いていないんですけど、"読めば分かるだろう"って(笑)。なので、少しでも色っぽくしないといけないと思って、頑張りました。

――大杉さんとは、何度も共演されているんですか?

大河内 今回、10年ぶりくらいに、ご一緒させていただいたんです。当時、私が飼っていたワンちゃんが、偶然、"レン"っていう名前だったことを覚えていてくださって、今回、お会いしたときに、「レンは元気か?」って声をかけてくださったことには、驚きましたね。

――レンちゃんは、今もお元気なんですか?

大河内 それが数年前、亡くなってしまって。なんか申し訳なくて。

――なんと……それはご愁傷様です。

大河内 でも、前回共演したときは、大杉さんと私は父娘の役だったのに、今回は、色仕掛けで大杉さんを誘惑する役。芸歴が長くなると、前にご一緒した方とまたお会いできるのが幸せですし、年齢が変わると役どころも変わって、また違う関係で向き合えるのも、面白いなと思いましたね。

――本作は、5月28日に急逝された、今井雅之さんの遺作でもあるんですよね。

大河内 はい。私は、今井さんと一緒のシーンはなかったんですけど、撮影は昨年の夏で、まだ、とても元気な今井さんの姿が見られると思います。

――今井さんとは、所属事務所も同じですし、交流はあったんでしょうか?

大河内 すごく長く、おつきあいさせていただいていたんですよ。

次ページ >> 大河内奈々子「昔の写真集は子どもに見られないところに…(笑)」ズバリ本音で美女トーク

大河内奈々子「昔の写真集は子どもに見られないところに…(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.