日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】 日本一のセリ「セレクトセール」報告

[週刊大衆08月10日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
日本一のセリ「セレクトセール」報告


「日本が一番きれいで、一番いいね」
今年、JRAの騎手免許を取ったミルコが、目を丸くした日本最大の競走馬セリ市、「セレクトセール2015」が、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開催されました。

さすが、競馬に携わるすべての人が注目する一大イベント。会場ですれ違う人はみんな知った顔ばかり。牧場の関係者、馬主さん、調教師の先生、報道関係者、そしてジョッキー……と、競馬界がここに引っ越してきたような賑やかさと華やかさに包まれていました。

初日に行われた1歳馬の落札総額は……なんと、76億7286万円。一頭平均、約3654万円という数字は過去最高とのことで、会場に渦巻く熱気は、競馬人気復活への確かな手応えを感じさせてくれました。

ダービー3着馬、サトノクラウンの半弟で、ジョコンダⅡの2014(父ディープインパクト)。米国のトップ種牡馬、タピットを父に持つシャンパンドーロの2014。英愛のGⅠを3つも勝ったラッシュラッシーズの2014(父ディープインパクト)……どれもこれも素晴らしい馬ばかりで、わくわくしっぱなし。思わず、自分が乗ったときの姿を想像し、ひとりでニヤニヤしていました(笑)。

もう一人の外国人騎手、ルメールが目を細めていたのは、自身が手綱を取った名牝の初子、サラフィナの2014(父ディープインパクト)です。この馬を落札したオーナーから、「この馬で武豊騎手と凱旋門賞を勝つのが夢です」と直々に指名をいただいたことは騎手冥利に尽きるし、あらためて、「よし、頑張ろう」という気にさせてくれました。

2日目の当歳セールで注目されたのは、今年が初年度産駒となるオルフェーヴルとロードカナロアです。どちらも現役時代は僕との縁はありませんでしたが、その子となると話はまた別。

次ページ >> 【武豊】 日本一のセリ「セレクトセール」報告

【武豊】 日本一のセリ「セレクトセール」報告

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.