日刊大衆TOP 芸能

御意見番の舌戦!野村克也VS張本勲 プロ野球「猛毒トーク」バチバチ対決

[週刊大衆08月10日号]

御意見番の舌戦!野村克也VS張本勲 プロ野球「猛毒トーク」バチバチ対決

スポーツにおいても、褒めることが当たり前の時代。だが、この2人は今日も"言葉の愛のムチ"を振るう!

歯に衣着せぬ直言で知られる球界の御意見番、ノムさんこと、野村克也氏(80)と、ハリさんこと、張本勲氏(75)の"猛毒トーク"が止まらない。

野村氏は『S☆1』(TBS系)、張本氏は『サンデーモーニング』(同)を主な舞台にプロ野球を"メッタ斬り"するのが名物化している。ともにパ・リーグを代表する強打者として一時代を築いた実績があるだけに、説得力が違うのだ。
「"ボヤキ"のノムさんに"喝!"のハリさんというタイプの違いはありますが、当たり障りのないことしか言わない野球評論家が多い昨今、球界でもテレビ界でも、両巨頭の存在感は増すばかりです」(民放スポーツ局ディレクター)

野村氏のボヤキは、もはや伝統芸の域に達しつつある。細かいうえに、相当ねちっこいのが特徴。
"天敵"巨人の采配については特に厳しく、ヤクルトが2-0で勝利した5月17日の巨人-ヤクルト戦について『S☆1』では、随所にノムさん節が炸裂した。7回裏、無死一、二塁で打撃不振の村田修一に強攻させ、ダブルプレーに打ち取られた場面では、「試合というのは正攻法と奇策の組み合わせだけど、こんなところで奇策、奇襲を使う場面か?」とボヤく。

さらに9回裏、2死三塁の場面で阿部慎之助がセンターフライに打ち取られると、阿部の打撃フォームについて、ひと言。
「なんで今のバッターは、あんな高いところで(バットのグリップを)構えてるの? ストライクゾーンはここなんだから、もっと下で構えればいいんだよ、肩のラインで」
と言いながら身ぶり、手ぶりで打撃フォームまで実演してみせたのだ。

基本的に野球の話しかしない野村氏に対して、張本氏は『サンデーモーニング』でスポーツ全般を扱う人気コーナー「週刊御意見番」をレギュラー担当中だ。
まずは野球――。
連続試合安打記録33試合まで、あと2つと迫っていた西武の秋山翔吾。7月14日の楽天戦、同点で延長に突入した10回1死ランナーなしで、秋山は微妙なボールを見極め、出塁。同時に連続試合安打がストップしてしまったのだが、これに憤ったのが張本氏。
「見逃してストライクを取られたら、どうするの。際どい球だから絶対に手を出さないとダメですよ!」

さらに、「喝に近い!」とまで言い切った。だが、チームの勝利を考えれば、記録よりも出塁を優先した秋山は褒められるべきもの。張本氏には、ファンだけでなく、球界関係者から疑問の声が上がるほどだった。

その鋭い舌鋒は、他のスポーツにも容赦がない。
今年4月にはサッカーJ2、横浜FCの三浦知良に「もうお辞めなさい」と引退勧告。ファンから大ブーイングされる一幕もあった。
「カズファンには申し訳ないけど、J2は野球で言うと2軍で話題性がない。そろそろ若い選手に席を譲ってやらないと。しがみつく必要はないでしょ、これほどの選手なんだから」

これには、ネットを中心にファンが「引退はカズ自身が決めること。余計なお世話だ!」と猛反発。
結局、当の三浦が「(昔、ファンだった)張本さんみたいな方に言われて光栄ですよ」と大人の対応をしたため、翌週の放送で張本氏はキングカズに「あっぱれ!」を進呈。

張本氏は、すっかりご満悦で「今度、会ったら、ご馳走するから」と語った。

次ページ >> 御意見番の舌戦!野村克也VS張本勲 プロ野球「猛毒トーク」バチバチ対決

御意見番の舌戦!野村克也VS張本勲 プロ野球「猛毒トーク」バチバチ対決

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.