日刊大衆TOP 芸能

指原莉乃、峯岸みなみ派より高橋みなみ派につきたいのは後輩なら当然

指原莉乃、峯岸みなみ派より高橋みなみ派につきたいのは後輩なら当然

7月30日放送の『僕らが考える夜』(フジテレビ系)に、HKT48の指原莉乃(22)が出演。メンバー間にある人間関係の軋轢を告白した。

番組MCの土田晃之(42)が「AKBの中では一期生が絶対なの?」と質問すると、峯岸みなみ(22)が「一期生と二期生は数ヶ月しか変わらないので、仲は良かった。二期生から下がやっぱりびびってるかな」と発言。

それを受けて指原は、「それこそみ〜ちゃんがたかみなとケンカしたときに、当時はこんなに仲良くなくて、み〜ちゃんに『喧嘩したからもうたかみなとしゃべらないで』と言われたんですよ。でもたかみな派か峯岸派かと言われたとき、当然後輩からしたらたかみな派に付きたいじゃないですか? あったですよねそういうの」

と発言。改めてメンバー間のヒエラルキーが浮き彫りになる形になった。

指原莉乃、峯岸みなみ派より高橋みなみ派につきたいのは後輩なら当然

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.