日刊大衆TOP 娯楽

井崎脩五郎 一皮むけたら一人前だよね

[週刊大衆08月17日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
一皮むけたら一人前だよね


「むけとる」と聞いて、ふつう何を想像するだろうか。

10番 グレンガイ(ル)
11番 コスモマイギフ(ト)
12番 メイショウブー(ケ)
13番 ハッピーエ(ム)

5月31日(日)の京都最終レースで、13番から10番にかけて、場目の末尾が「ムケトル」になっていたのだ。

小学校、中学校の修学旅行で、一緒に風呂に入って「お前、もうムケとるのか。一人前やなあ」とか、社会人になって「あいつは一皮むけたなあ」とか、そういう話をよく聞く。一人前にしても、一皮にしても、かかわっている数字は「一」。
そこでこのレースで、出馬表の中に「一」を探した。すると、3頭だけ見つかった。

ゼッケン「一」番のディアブルーダー。しかも1番人気。
北村友「一」騎手のグッドマイスター。
そして西浦勝「一」厩舎のメイショウブーケ。

それで、この3頭の馬連ボックスを買ってみた。そうしたら、買っているグッドマイスターとディアブルーダーで決まって、馬連1460円というのが当たった。だが……。

悔やんだのは、3着が、これまた買っていたメイショウブーケで、3連単が10万円を超していたこと。買っときゃよかったなあ。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

井崎脩五郎 一皮むけたら一人前だよね

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.