日刊大衆TOP トレンド

人間なら失神!? 闘牛で牛が猛り暴れる意外な理由

人間なら失神!? 闘牛で牛が猛り暴れる意外な理由

日本の闘牛は牛と牛が角を突き合わせる力比べですが、スペインの国技である闘牛は人と牛の真剣勝負。時には、人が牛の角に突かれて死ぬこともあります。
スペインの闘牛では、牛は闘牛士の持つ赤い布(ムレータ)に向かって突進します。その姿から、牛は赤い色に興奮すると思っている人もいるようです。
確かに、赤は気分を高揚させる色です。しかし、さまざまな色をハッキリと識別できるのは人間とサルぐらいのもの。牛の目に映っているのはモノクロ映画のような世界で、赤も黒も同じように見えています。あの赤は牛ではなく、人間を興奮させ、熱狂させるために使われています。

では、牛はなぜ猛り暴れて突進するのか。これにも理由があります。牛は肉食動物から身を守るために見慣れないもの、動くものに反応し、警戒します。その習性を最大限に利用するのです。
闘牛用の牛は、局部をきつく絞り上げられた不快な状態で闘牛場に入ります。次に助手たちが、大観衆に囲まれた初めての場所に戸惑う牛の前で布をヒラヒラさせたり、槍で突くなどして挑発します。
闘牛士が登場する頃の牛は、ストレスと怒りで爆発寸前。目の前で揺れる赤い布に向かって、無我夢中で突っ込んでいくというわけです。

人間なら失神!? 闘牛で牛が猛り暴れる意外な理由

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.