日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]獣神サンダー・ライガーのWWE「NXT」参戦が楽しみでならない


なるほど、これがあったか!

プロレスファンなら誰もがポンと膝を叩き、もう楽しみでならないニュースが先月飛び込んできた。8月22日、あのWWEの「NXT」に獣神サンダー・ライガーが登場する。

NXTは、WWEの「SMACK DOWN」「RAW」に続く第3のブランド。そのビッグマッチに我らがライガーが出場する日が刻一刻と迫っている。ライガーに熱狂する観客の様子がもう想像できるからワクワクしてしまう。

ライガーは平成元年に東京ドームでデビューした。つまり、文字通り「平成新日本」の象徴なのである。ぜんぶ身を持って知っている。

象徴の意味はキャリアだけではない。ライガーは新日本の会場にハッピー感をもたらした功労者だ。マスクを被っていても「表情」がみえるライガーは決して神秘的ではないけれど、その代わり常に人間臭さを感じさせてくれた。ライガーは決して常勝チャンプではないけれど、その代わり常に周りの人間の凄さも教えてくれた。プロレスを見ることの嬉しさのひとつにハッピー感を加えてくれたライガーなのである。その証拠にライガーのテーマが鳴るや老若男女がウキウキしてしまうではないか。間違いなく今の新日本プロレスの礎をつくった。

私は先月「Number」プロレス特集号で「プチ鹿島責任編集」というページを担当させてもらったのだが、そこでライガーさんと座談会をさせてもらった。出会った頃からプロレスを語ってきたハチミツ二郎と一緒に。

ライガーさん曰く、今の新日本はホントにすげーと。そして「今の新日の選手は、自分のことよりも先に新日のことを考える」と語ってくれた。たとえば棚橋にしろ真壁にしろ、自分が世間に露出することで新日に還元できるよう頑張っているのだと。それはバラエティで自ら活躍するライガーさんの姿そのものでもある。バラエティに出ているときのライガーを見るときのプロレスファンの安心感たるや。「ライガー、任せたぞ!」とみんな頼もしく思っている。

そんな伝道者的な雰囲気も持つライガー。考えてみれば、WWEのトップに登りつめたクリス・ベノワ(ワイルドペガサス)やエディ・ゲレロ(2代目ブラックタイガー)もライガーと切磋琢磨してビッグになった。

この人がメジャーに行ったら面白いだろうなぁという実力と、絶対にハマるだろうなぁというキャラクターの確信。この二つを備え持つライガー。「なるほど、これがあったか!」と冒頭で書いたのはそういうワケです。

8月22日が楽しみだ。


プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]獣神サンダー・ライガーのWWE「NXT」参戦が楽しみでならない

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.