日刊大衆TOP 芸能

壇蜜 大奥加入でも浮かない顔 バカ殿志村けん堪え難き孤独生活

[週刊大衆9月23日号]

夜は寂しき『バカ殿』――。
そんな言葉が浮かぶ、志村けん(63)の近況だ。

9月3日に看板の特番『だいじょぶだぁSP』(フジテレビ)が放送され、あの壇蜜(32)が初出演。
志村とコントを繰り広げた。
「壇蜜は、さすがのアヘ声全開演技を披露しました。夫婦コントが3本連続で流れ、優香、菜々緒、壇蜜が妻役。完全に、"志村大奥"を意識した構成です」(テレビ誌記者)

大いにハーレムを楽しんだのかと思いきや、「同番組の収録後、本人がブログに書いた内容が話題になっているんです」(テレビ誌記者)

問題の書き込みは、8月26日付『本番終わりました』と題されたもの。

〈10時前に終わり スタッフ 竜ちゃん 多岐川華子ちゃん みひろちゃん達と御飯とお酒本番も楽しかった。 飲み会も楽しかった。 これから寝ます 疲れました 好きな仕事 好きな仲間 なのに疲れました 疲れました 誰か解ってくれますかね 疲れました でも 心は豊か 愚痴でごめんなさい〉

書き込んだ時間は、午前4時51分。
〈疲れました〉と4度も繰り返す内容に、大丈夫か? という声が殺到しているという。

この3月にも、めまいが続くなどの体調不良で、精密検査を受けた志村。
芸能リポーターの川内天子氏によると、「原因は飲み過ぎ。医者の休肝日を設けろ、という忠告も聞かずに毎日、焼酎をロックで5杯。結局、必要なのは"節制した生活"。そのためにも、早く嫁を取れ、と言われています」

元ドリフのメンバーは、加藤茶(20代妻と再婚)、仲本工事(40代妻と3度目婚)と、愛妻との生活をエンジョイ中。
「一方、志村の都下の豪邸に同居するのは、数匹の愛犬だけ。休日もDVDで映画を見て、朝まで一人で焼酎を飲んで寝る、という生活です」(女性誌記者)

なかなか嫁が現れないのには、志村の性格もある。
「コント創作のときの志村さんは、部屋に籠って非常に神経質になる。ですから、奥さんには、つかず離れず、というタイプが望ましい」(前出・川内氏)

となると、候補として浮上するのが、酸いも甘いも噛み分けた熟女だ。
「初婚の六十男の相手は、バツアリじゃなきゃ務まらない。バツ2の高岡早紀とエロコントをぜひ! と、スタッフ間では熱望しています」(テレビ関係者)

嫁取りこそ、憂鬱生活脱出の妙手。そろそろ本腰を入れてほしい!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.