日刊大衆TOP 芸能

「死ぬまでやりたい」ビートたけし“70歳超えジジイ”の大野望

[週刊大衆08月24・31日号]

「死ぬまでやりたい」ビートたけし“70歳超えジジイ”の大野望

「死ぬまで芸能界に居座ってやる」――殿が突然言い放った、まさかのセリフ。御年68にして抱く、その本心に肉薄す!

現在、放送中で、ビートたけし(68)が出演している健康関連企業『アンファー』の新CM。7月29日に行われたその発表会見が、さまざまな憶測を呼んでいる。
「"あいつがいるからレギュラーがないんだ"って言われる立場だけど、ずっと居座ってやろう」
「頭も身体も一等賞を狙ってないと、一瞬で仕事がなくなる」
「昔の落語家さんみたいに死ぬまでやりたいね」

これら、たけしの発言が各界で、"死ぬまで大野望宣言"と受け取られているのだ。
芸能ウォッチャーの尾谷幸憲氏も、「この一連の発言は芸能界はおろか、日本を驚かす挑戦をするよという野望の表れですよね」と分析する。
そこで本誌は、芸人として頂点を極め、映画監督としても世界に認められた、たけしが抱く大野望に肉薄すべく、総力取材した!

第一の野望が"妊活"。現在、古希を目前にした68歳の殿。先の会見で、
「マネージャーの名前を忘れることも」と"老い"を告白したのもうなずけるが、一方で、「上原謙の記録を破りたい」と、71歳で父親になった往年の名優を引き合いに出して、"下半身の生涯現役"を堂々と宣言したのだ。
「たけしさんは"(スタッフから)体を気遣われたら、芸人として終わり"と公言していて、だからこそ、この宣言につながったんでしょうね。実際、7月25日から放送された『27時間テレビ』(フジテレビ系)でも、若手並みの体の張り方でしたよ」(前同)

それは深夜帯のコーナーで、伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸をマネた"河内家権三丸"という謎の人物にたけしが扮し、和船に乗ってプールに登場したシーンだ。たけしは太鼓のリズムに乗って、河内音頭を気持ちよく歌っているのだが、突如、船が壊れ、見事に水中へ落ちてしまったのだ。
「見てましたよ。パワフルですよね。僕もプールサイドで河内音頭を歌うことはありますが、水落ちまではできませんよ。今度、あの芸を、ぜひ直伝してもらいたいなあ(笑)」

こう話すのは、正真正銘、本物の河内家菊水丸氏だ。
「たけしさんには昔から、"河内音頭って面白いよな"と言ってもらっています。しかも、河内家権三丸の衣装、あれ、僕が昔着ていたものとそっくり」
こう話す同氏は、
「今度はぜひ、氷上で河内音頭を披露してほしいですね。そのときには氷がバリバリと割れてしまうんですわ(笑)」
と期待するが、大きな野望を持つ殿には、きっと朝飯前。

むしろ気になるのは、このコーナーでブチ撒けた「新国立競技場は浅草の花やしきに建設」という渦中の東京五輪問題の仰天解決プランだ。しかも、これは単なるボケではなさそう。
「実はたけしさんは再三、東京五輪の私的構想を披露しているんです。僕が聞いたのは、日本の戦後復興を五輪の開会式に取り入れたいというものでした」(キー局社員)

かつて、テレビ番組にゲスト出演した安倍晋三首相に、
「北京五輪もロンドン五輪も映画監督が演出した。日本も映画監督じゃなくてどうするんだ!」
と直訴していたほどだが、いまのところたけしに正式オファーは届いていない模様。

とはいえ、待望論は根強く、殿のモノマネでお馴染みの松村邦洋氏も、"たけし五輪"に期待する一人。
「たけしさんの五輪の総合司会とか、いいですよね。会場に被りモノをして現れれば、それだけでも絶対に盛り上がりますよ」

次ページ >> 「死ぬまでやりたい」ビートたけし“70歳超えジジイ”の大野望

「死ぬまでやりたい」ビートたけし“70歳超えジジイ”の大野望

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.