日刊大衆TOP 娯楽

パチンコの「現行機ナンバーワン機種」は本当に勝てる台なのか? パチプロが見た『CRルパン三世』の実力


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第7回 目玉機種『ルパン三世』のココに注目すべし!


台にタバコを置いてトイレから戻ってみると、あれっない!? 台と玉はそのままなのにタバコとライターだけを盗まれたことが三度ほどあるパチプロ・アンドレです。セコイ泥棒がおるもんですのう……。

誰もが知る華麗なる大泥棒といえば、「CRルパン三世」のシリーズ8作目『I'm a super hero』がホールに導入されています。大人気&超注目機種なのですでに打たれた方も多いのではないかと思います。

わしにとって『ルパン三世』は思い出深いアニメです。44年前のテレビシリーズ第1作から観てました。ルパンのワルサーP38と次元のコンバットマグナムをモデルガンで集め、修学旅行先の奈良・京都では斬鉄剣よろしく土産品の木刀を買い、『カリオストロの城』をマネて家の屋根から走り下りたこともあります(笑)。

パチンコになったルパンも打ちまくりました。特に初代はとても長く追い続けた機種です。面白くて稼ぎまくった最高の名機でした。それからシリーズを重ねるにつれ洗練さを増し、前作の『消されたルパン』は空前の大ヒット作となりました。それを超えるべく登場した今回の最新作、さっそくわしも打ってみました。

台
『ルパン三世~I'm a super hero~』
(平和)
●大当たり確率:1/394.8
 →確変中:1/77.3(ST 130回転)
●ST突入率:60%
●ST継続率:82%



これだけの注目機種なだけに、いかほどのポテンシャルなのか、パチプロとしてもぜひ見極めておきたいところ。存在感バツグンの大型ハンドルに圧倒されつつ、打ち始めて数回転、いきなり複製人間マモー図柄が停止。このタイミングで大当たりや潜伏確変突入になる可能性があるのですが、残念ながらここでは小当たりでした。その数十回転後に再び複製人間図柄が停止して「またか」と思っていたら、右打ちのナビが出現。何と大当たりです!

正直よくわからぬまま右打ち消化、そこそこの出玉を得て「ゴールデンタイム」突入です。今だから言えますが、わしはずっと確変だと思い込んでいて、100回転当たらずで通常画面に戻って初めてこれが時短だったことを理解しました(笑)。

その後600回転を過ぎたあたりで、ようやく本物のV確変「スーパーゴールデンタイム」を獲得。7連チャンでちょうどチャラになったので、試し打ちはココまで。プロなのにショボイと思われそうですが、知りたかったポイントは押さえられたのでこれで十分です。

さて、肝心の実力はどうでしょうか?

次ページ >> パチンコの「現行機ナンバーワン機種」は本当に勝てる台なのか? パチプロが見た『CRルパン三世』の実力

パチンコの「現行機ナンバーワン機種」は本当に勝てる台なのか?  パチプロが見た『CRルパン三世』の実力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.