日刊大衆TOP 芸能

武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

[シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

天才・武藤敬司にとって、1995年はその華々しいプロレス人生の中でも絶頂期だった。5月に橋本からIWGP王座を奪取し、8月にG1初優勝。そして、伝説の10・9、Uインター対抗戦。
現在も現役をつらぬくスターにとっての新日本、そして“アントニオ猪木1万円事件”とは?
先日発売となったムック「逆説のプロレス vol.2」(双葉社)から、武藤敬司と元東スポ記者・柴田惣一の対談をお届けする。



■武藤敬司 むとう・けいじ
●山梨県出身、1962年生まれ。84年、新日本プロレスに入門。海外修行中、グレート・ムタとしてアメリカでブレイク。帰国後は、武藤敬司とグレート・ムタ、ふたつの顔を使い分けて、90年代を代表するトップレスラーとして君臨した。02年、全日本プロレスに電撃移籍。同年、オーナー兼社長となった。13年、会長を辞職し、新団体「WRESTLE-1」を旗揚げ。現役選手として、精力的に興行を展開している。

■柴田惣一 しばた・そういち
●愛知県出身、1958年生まれ。82年、東京スポーツ新聞社に入社。プロレス・格闘技担当となり、テレビ朝日「ワールドプロレスリング」で、90年代から長きにわたって解説者として活躍。プロレス大賞選考委員会の選考委員長もつとめた。今年5月に自著『東京スポーツ青春物語――大事なことはプロレスから学んだ』(飛鳥新社)を上梓。6月25日付けで東京スポーツ新聞社を退社。


82年に東スポに入社した柴田氏。武藤は84年にデビューし、海外修業を経て、86年10月に、スペースローンウルフという異名を携え、凱旋帰国した。

柴田 86年というと、 デビュー2年目ですよね。「610(ム・トー)」というヘルメットをかぶって、新時代の感じで。

武藤 あれは猪木さんが、「ヘルメットかぶってたらバイクとかのスポンサーがつくかもしれないから」って言って。でも、前面がすべてガラスだから、入場時に曇って前が見えないんだよ。だから、1、2回しか、かぶらなかった。


柴田 人気はあったけど、当時は前田(日明)さんや高田(伸彦)さんのUWFスタイルの台頭もあって、一気に突き抜けられなかったよね。

武藤  出る杭はナントカと言うしね。でも、UWFは、アマチュアスポーツを極めた人には、絶対にない思想だったよね。坂口(征二)さんとか長州さんとかマサ(斎藤)さんとか。アマなりの厳しさを、目の当たりにしてる方々は、絶対にあの発想にならないよ。そういうことをかじったことのない人が作り上げた思想というかさ。猪木さんもそうか。

柴田 武藤さんは柔道でも全国上位だったし、道場でそこに実力を上乗せして、さらに、リング上のスタイルがあるわけだから、「プロレスの本流を守っていくのはこの人だ」って気持ち、僕にはありましたよ。

次ページ >> 武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.