日刊大衆TOP 芸能

豪快秘話 みのもんたと酒と女真夜中の黒光り伝説 vol.1

[週刊大衆9月30日号]

一寸先は闇――その諺のように、いま、"黒光りオヤジ"こと、みのもんた(69)が窮地に立たされている。

まず1つ目はセクハラ騒動だ。
「8月30日放送の『みのもんたの朝ズバ!』(TBS系)で、みのが吉田明世アナのお尻を触ったかのようなシーンがあったんです。確かにCM明け直後のシーンで、吉田アナはみのの手を振り払うような動きをしているんです」(芸能記者)

この件に関してTBS広報部は「紛らわしい行為があった」と誤解だったとコメント。
みの本人も「そういう認識はなかった」と話しているようだが、そこは厳しい世間様。
「セクハラだ!」「みのは辞めろ」と非難の嵐が吹き荒れた。

その嵐が沈静化し始めた矢先の9月11日、日本テレビに勤める次男が、なんと警視庁に逮捕されたのだ。
「今回の逮捕は、8月13日、港区内で泥酔したサラリーマンの財布からカードを抜き出し、現金を引き出そうとした疑い。事実なら、出来心では済まない悪質な行為です」(前同)

その影響か、みのは『朝ズバ!』で8月初めに夏休みを取っているにもかかわらず、突如、逮捕直前の9日から"2度目の夏休み"に入っていた。
「事態の推移を見るためでしょうね。この事態に、さすがのみのさんも参っています。"父親としては申し訳ない気持ちでおります"とコメントを出すのがやっとでした」(TBS関係者)

最近、明石家さんまが"2年後の引退"を示唆したり、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の打ち切り説と同時にタモリの引退説が出たりと、ベテラン大物司会者の去就が注目されるなか、ついに、みのまで芸能界から消えてしまうのか!?

だが、思い出してほしい。
みのといえば、芸能界屈指の豪快男。
今回の騒動ぐらいでメソメソと引き下がるようなタマではないはず。
そこで本誌は、彼の素顔に迫るべく、"真夜中の黒光り伝説"に迫った!

まず、みのの豪快さを語るキーワードは「酒」だ。
「銀座のクラブで、一晩で1000万円使った」や「力士と飲み比べで勝った」など常人離れした酒豪伝説があるが、最近、みのと飲んだ経験のある若いテレビ関係者が、こう興奮気味に語る。
「そのときはスタッフ20人ほどを、銀座のクラブに連れて行ってくれたんです。みのさんはオーデコロンの匂いを漂わせるダンディな男で、飲み方も豪快。金魚鉢のような大きなグラスにクラッシュアイスを詰めて、ウイスキーを3分の1ほど注ぐ。で、グラスに露がついたところで、まるで麦茶のように一気に飲み干すんですよ!」

飲み方一つで周囲をひれ伏させるとは、あっぱれ。

さらに伝説は続く。
「みのさんは銀座だけでも行きつけの店が何軒もあるんだけど、最近は『朝ズバ!』もあるから、毎晩22時頃には帰るそう。でも、律儀だから、銀座に来ると全部の店を回ろうとするので、大忙し。1杯飲んだら"じゃ、また!"と席を立って次の店へ。しかもダッシュで、銀座の街を疾走するらしいの」(クラブで働くホステスさん)

実に無邪気でお茶目。
それだけではない。
前出のテレビ関係者がこう続ける。
「ちょうどその日、あるスタッフの奥さんが誕生日だったんです。話を聞くや、みのさんは"プレゼントを買ってあげな"と、1万円札を10枚ほどポンと手渡したんですよ。あれにはシビれました。もちろん、会計も全部、みのさん持ち。会計時にママさんが指で3と示していたから、300万円だったみたい(笑)」

格好よすぎるぜ。
そんな気風のいいスーパー69歳は、「女」にもモテモテだ。

みのは昨年5月、42年間連れ添った妻を亡くした。
当時は憔悴しきっていたが、それからわずか半年後の今年1月には、銀座の高級クラブのホステスを"お持ち帰り"したところをフライデーされた。

娘ほど年の離れた美女と2時間ほどホテルにシケこんでいたというから、お盛んなかぎり。
しかし、本当に逞しいのは、その後だ。
「フライデーが後日、みのと彼女が一緒のところを直撃すると、彼は慌てるどころか、"ちゃんとイイ女って書いてよ。久本(雅美)似とか書くのはやめてね"と豪快に笑いながら対応。さらに車のトランクにはアル・カポネのごとく、酒瓶がズラリと入っていて、"持っていきなさい"と、記者とカメラマンに1本ずつプレゼントしたんです。豪快すぎますよね(笑)」(夕刊紙記者)

記者がつけ回していたのがバカバカしくなるほど、役者の違いを見せたのだ。

そんな男の中の男に、元WBC世界ライト級チャンピオンのガッツ石松氏も、こう尊敬のエールを送る。
「みのさんと私は、同じ"成り上がり"の匂いがするんだよね。みのさんも決して、アナウンサーとしてエリートコースを歩んできたわけではない。ラジオから入って、のし上がってきた。私もプロ四回戦からの叩き上げだから同じ匂いがするよ。昨今の司会者は、自分ばかりを主張しすぎて周りの演者を受け入れるだけの器量がないように思えるね。その点、みのさんは違う。苦労人で成り上がってきた人だから、きっと周りを見る視野も広いんだろうね。だから視聴者が聞きたいことも、ズバッと聞ける」

9月24日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.