日刊大衆TOP 芸能

飯伏、HARASHIMAらの魅力爆発! 意外となかった“DDT初”の公式ガイドブックが完成

飯伏、HARASHIMAらの魅力爆発! 意外となかった“DDT初”の公式ガイドブックが完成

もっと画像を見る

23日に両国国技館大会「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」を行うDDTプロレスによる"初"の公式ファンブック「THIS IS DDT」(双葉社)が8月22日に発売された。

新日本プロレスとの異例の二団体に同時所属する"いま最もヤバい"レスラー・飯伏幸太や、リング界唯一のゲイレスラー・男色ディーノ、闘う空気人形・ヨシヒコや、パワポ使いのマスクマン・スーパー・ササダンゴ・マシンなど異色選手が多数出場するDDTプロレス。

後楽園ホールなどで行われる興行はいずれもチケット発売即ソールドアウトが続き、今回行われる両国大会も前売りチケットが完売し、急遽追加で座席が用意されたというDDTプロレスだが、意外にも今回の「THISI IS DDT」が初の公式ガイドブックとなる。

人気選手の素顔に迫ったインタビューや、これまでの団体の歴史、選手名鑑からスタッフ名鑑(?)まで、DDTらしくバラエティに富んだ特集の数々。

「飯伏が泥酔して飲み屋からホテルまで前転して帰ってた(彰人)」「高木社長はおそらくガンダムゲームの課金プレイヤー(平田一喜)」など、人間関係の見えてくる証言のついた選手名鑑。

赤井沙希は「"女子的"DDTを10倍楽しむ方法」として、これまで女性ファンを会場に多く引き込み続けてきた彼女ならではの観戦のコツを披露。

ほかに「職を失う恐怖を感じました(元井美貴)」「タイツの中をまさぐられ××に…(高尾蒼馬)」「××が後頭部に密着する技ってどうかしてるよ!(遠藤哲哉)」など、被害者の証言を集めた『我々は男色ディーノを訴える!』という企画。

さらに高木三四郎社長×HARASHIMA×竹下幸之介によるスペシャル座談会では、「DDTの過去、現在、未来」というテーマでDDTのリングがこの先どうなっているかが語られる。

笑いあり、汗あり、涙あり、DDTのリング同様にアクロバティックで色とりどりの企画が詰まった「THIS IS DDT」は、往年のファンにも、DDTが気になっていたが機会が無かったという新規ファンにもオススメしたい一冊だ。





DDT公式ファンブック THIS IS DDT (双葉社スーパームック) 絶賛発売中!

飯伏、HARASHIMAらの魅力爆発! 意外となかった“DDT初”の公式ガイドブックが完成

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.