日刊大衆TOP 芸能

水卜麻美アナ、新人時代から好きな言葉は「タン塩」「カルビ」だった!?

水卜麻美アナ、新人時代から好きな言葉は「タン塩」「カルビ」だった!?

19日放送『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)のゲストは、水卜麻美アナウンサー(28)。

まず、番組が街行く人の彼女に対する印象を聞いてみた。すると、以下のような声が寄せられた模様。「七福神とかにいそう」「前世はお地蔵さんっぽい。食べ物をお供えしないとご利益がない」「イイ意味で女子の希望」「この人が食リポしてる姿を見てると幸せな気分になる」。
なるほど、「好きな女子アナランキング1位」の面目躍如だ。

実は同番組、今年の日テレ新人アナ3人の研修の様子を長期にわたって追っている。ニュース読みをミスし、指導を務めるベテラン・豊田順子アナ(49)に注意されいちいち動揺する姿は、VTRを観ているこちら側も思わず力が入ってしまう。

水卜アナ「感情移入して観すぎて、心臓のドキドキが止まらないです……。思い出しましたね、昨日のことのように。泣きそうになっちゃって(苦笑)。
所ジョージ(60)「ああいう基盤ができてからの、食リポだもんね?」
水卜アナ「そうなんですよ(苦笑)! ああいうことの延長線上にあって。基礎は全てあそこ(新人研修)に詰まっています」

ここで新人研修の指導役である豊田アナから、水卜アナの新人時代情報が寄せられた。
豊田アナ「声を出す際に、上半身が緊張して硬くなるクセがあった。リラックスさせるために『好きな言葉で声出ししてみて』と提案したら、大声で『カルビ~!』『タン塩~!』などと叫んでいたのが印象的だった」
新人時代の彼女、今と全然変わってない!

水卜アナ「“好きな言葉”って言われて真っ先に浮かんだのが、それだったんです(苦笑)」
所「それ、“好きな言葉”じゃなくて“好きな食べ物”だよ」

願望が、発声時のそれに出てしまっている。“食リポアナ”へのモチベーション、新人時代からハンパではなかったようだ。

(寺西ジャジューカ)

水卜麻美アナ、新人時代から好きな言葉は「タン塩」「カルビ」だった!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.