日刊大衆TOP 芸能

乙葉、自ら編み出した「さんま式出産法」を妊婦にすすめる

乙葉、自ら編み出した「さんま式出産法」を妊婦にすすめる

8月22日放送の『さんまのまんま』(関西テレビ系)に、藤井隆(43)と乙葉(34)が、結婚10周年で初の夫婦共演をはたした。

乙葉には現在、7歳になる女の子の子どもがいるが、産まれる直前に明石家さんま(60)の番組を見ていたのだという。

乙葉「私、お腹に赤ちゃんがいた時に、さんまさんの番組をずーっと観てて、ゲラゲラ笑ってたんです」
さんま「うん」
乙葉「そしたら、笑ってるので痛いのか陣痛なのか分からなくなって、あの計ってみたら1分おきだったんですよ! 陣痛が!」
さんま「うそ!」
乙葉「5分間隔になってから電話くださいって言われてるのに、もう1分間隔になってて」
藤井「さんま式出産ですよね」
さんま「ほんなら、ちょっと陣痛の手助けしたんだ」
乙葉「そうなんです。ホントにありがたくて」
さんま「妊婦さんは笑うた方が、ええねんな! まあ、岡村(岡村隆史・45)みたいな人の病気の時は、俺のテレビ観ちゃダメって言われたから」
乙葉「えー?」
藤井「ああ、刺激がね……」
さんま「飛び出てくる感じがするんやて」

心の病には効かないようだが、出産にはてきめんの効果があるようで、「妊婦さんにオススメです!」と、乙葉もけっこう本気ですすめていた。

乙葉、自ら編み出した「さんま式出産法」を妊婦にすすめる

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.