日刊大衆TOP 芸能

安倍政権にモノ申す!古舘伊知郎、報道ステーションで「反撃の狼煙」

[週刊大衆09月07日号]

安倍政権にモノ申す!古舘伊知郎、報道ステーションで「反撃の狼煙」

元経産省官僚の電波ジャック事件から4か月。官邸の圧力に膝を屈したかに思われたテレ朝の看板ニュース番組とその顔が静かに反撃の狼煙を上げた!

今国会での成立を急ぐ安全保障関連法案への反発からか、発足以来、初めて不支持率が支持率を上回った第二次安倍内閣。
「このまま強引に法案成立を押し切れば、さらに支持率が低下することは必定、来年の参院選で手痛い結果を招きかねません。安保法制に加え、TPP交渉、エネルギー問題など難題を抱え、安倍首相の政権運営に暗雲がたれ込めています」(夕刊紙記者)

その一方で、高い支持率をキープしているのが、古舘伊知郎がメインキャスターを務めるテレビ朝日『報道ステーション』である。
「連日、14%に迫る視聴率を叩き出しています。これは、民放のニュース番組の中ではダントツの数字です」(テレビ雑誌記者)

古舘といえば、この数年の〈嫌いなキャスター〉アンケートで1位の常連。しかも、今年3月に番組内で発生した"古賀の乱"の影響もあって、さらに支持率を下げていたはず。
「コメンテーターとして出演していた元経済産業省官僚の古賀茂明氏が、突如、"テレビ朝日の早河(洋)会長などの意向で、今日が最後の出演"と切り出し、用意してきた〈I am not ABE〉と書かれたボードを掲げ、官邸の圧力で降板する"と激白した一件です。

古舘は"それは承服できません"と返しましたが、"古舘さんは〈申し訳ない〉とおっしゃった。全部、録音している"と、舞台裏も明かされてしまい、古賀氏の電波ジャックを許したうえに、権力に屈したキャスターという印象を強く視聴者に与える結果となりました」(通信社デスク)

また最近も、こんな発言で世の人々の反感を買っている。7月16日の放送で、お笑いコンビ『ピース』の又吉直樹が芥川賞を受賞したことを報じながら、こんなことを言ったのだ。
「芥川賞と本屋大賞の区分けが、段々なくなってきた感じがするんですけどね」

これに対し、「芥川賞にも又吉にも本屋大賞にも失礼」「又吉を含め、お笑い芸人を色眼鏡で見ている」と、インターネットを中心に批判の声が殺到したのだ。にもかかわらず、番組は大人気。この"ねじれ"は、なぜ起こっているのか?

次ページ >> 安倍政権にモノ申す!古舘伊知郎、報道ステーションで「反撃の狼煙」

安倍政権にモノ申す!古舘伊知郎、報道ステーションで「反撃の狼煙」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.