日刊大衆TOP 芸能

脱いだ芸能美女50人「その後」追跡 vol.4

[増刊大衆8月27日号]

『三宅裕司のいかすバンド天国』、通称"イカ天"の司会で人気だった相原勇(46)。
実は、本名・小原靖子のアイドル時代、写真集『FIFTEEN's』でヌードを披露していた。
「所属事務所を救うため、ひと肌脱いだんですが、話題にならず事務所は倒産。見事な球形の乳房で、乳首先端の"窪み"が印象的でした」(芸能記者)

ブレーク後、元横綱・曙と結婚間近と報じられるも破局。
01年、ニューヨークで知り合った外国人男性と結婚し、ハワイで幸せな結婚生活を送っている。

3年前の玉置浩二との結婚騒動が記憶に新しい元C.C.ガールズの青田典子(45)。
彼女もC.C.参加以前の森陽子時代、雑誌グラビアで裸を披露している。
「だが話題にならず、毎晩、ディスコに通って、VIP客から貰うタクシー代(平均10万円)で暮らしていたとか」(前同)

その後、青田典子に改名し、C.C.ガールズでブレーク。
昨年末には夫・玉置のプロデュースで、妖艶ヌードを披露した。

女優以前の少女モデル時代に脱いでいたのは、栗山千明(28)。
97年の『神話少女』で、当時11歳の青い乳房や、淡い茂みを披露した。
現在は絶版で、一部で高値取引されている。

9月27日公開のvol.5に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.