日刊大衆TOP 芸能

パイレーツ、井上晴美、小阪由佳… 「消えたグラドル」30人のいま

[週刊大衆09月14日号]

パイレーツ、井上晴美、小阪由佳… 「消えたグラドル」30人のいま

懐かしの芸能人が"波瀾万丈の人生"を語るテレビ番組が大流行中の昨今、それに負けじと本誌が追跡したのは、かつて、そのピチピチボディで我々を大いに楽しませてくれた水着の女神たち。誌面ではほとんど見られなくなった彼女たちの"今"を探った!

1997年、『ボキャブラ天国』で披露した、豊満なバストをギュ~ッと寄せて言い放つギャグ「だっちゅーの」が一世を風靡し、流行語大賞も受賞した2人といえば、パイレーツだ。
世の男たちを虜にしていた当時から一転、現在、浅田好未(36)は"主婦のカリスマ"となっている。
「ママブロガーとして毎日のブログ更新のほか、ライフスタイルブック出版や、主婦雑誌での料理レシピ連載などで人気です。特にブログに顔出ししている3歳の娘について"美少女すぎる"と、たびたび話題になっています」(女性誌記者)

一方、相方の西本はるか(37)は今も変わらず、男を興奮させている。
「12年に『MUTEKI』から衝撃のビデオデビューを果たしました。熟女特有の少し垂れ気味のバストや腹部などたまりませんし、奉仕行為をしている姿には、"あのパイレーツが!"と感動しましたね。最近では、六本木のガールズバーでアルバイトしている姿が目撃されていました」(芸能ライター)

対照的な道を歩む2人だが、2001年の解散直後は、それほど変わりはなかった。
「それぞれグラドルとして写真集やDVD、Vシネで活動しましたが、03年に浅田がアパレルブランド、07年には芸能事務所を設立。同年には一般男性と結婚&出産。同じ頃、西本は映画で全裸姿を披露。そして浅田がママタレ転身に成功した頃、西本はガソリンスタンドやカラオケ店、パチンコ店でバイトしていたそうです。彼女、ヨガのインストラクターの資格を持っていて、それを活かせば十分にそっちの道もあったのに、"まだタレントでいたい"と頑ななんだとか」(アイドル誌編集者)

人生、どこに転機があるか分からないものだが、女性の分かりやすい転機といえば、浅田のように結婚&出産だろう。出産で真っ先に思い浮かぶのは、08年に自らのデキ婚を発表した際、「ポイしないでください」の名言を残した、グラビア界の"黒船"リア・ディゾン(28)ではないだろうか。
「出産後の10年、夫だった日本人スタイリストと離婚。それからはアメリカに帰国して演劇学校に通っていましたが、13年に来日して雑誌のグラビアに復帰しました。このタイミングでの来日は、元夫からの財産分与の送金が滞ったからとか。同時期、彼女は複数の出版社に写真集出版を持ちかけましたが、実現はせず。理由は、"太りすぎ"だったそうです」(前同)

当人は結構やる気というから、ダイエットに成功すれば、また日本での活躍が期待できるかもしれない。

00年代グラドル界を支えた夏川純(34)や、「妊娠中に"妊婦グラビア”を披露して再注目を集めた」(芸能プロ関係者)夏目理緒(30)も、今や立派な母親。引退はせず、育児に奮闘する様子をブログに綴ることでファンに近況を伝えている。

90年代の豊満バストブームで、ひときわ目立っていた井上晴美(40)も引退はせず、結婚&出産した一人だ。
「彼女は、05年にカナダ人と結婚し、旦那の意向と長男誕生がきっかけで、まずは長野に住んで、自給自足生活をスタート。そして、3子目を妊娠中だった東日本大震災直後、やはり夫の意向で2人の子を連れ、井上の実家がある熊本へ移住したそうです。今では廃屋を改造し、自給自足生活を軌道に乗せているそうですよ」(前同)

年に数度は女優として映画やドラマにも出演するなど、マイペースに活動中だ。

次ページ >> パイレーツ、井上晴美、小阪由佳… 「消えたグラドル」30人のいま

パイレーツ、井上晴美、小阪由佳… 「消えたグラドル」30人のいま

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.