日刊大衆TOP 娯楽

[競馬] 連軸に最適ストレイトガール【データ予想】

[週刊大衆09月21日号]

バナー

データ予想 須田鷹雄
連軸に最適ストレイトガール


セントウルSに出走する馬は大きく2つのタイプに分けられる。すでに十分な実績を持ち、夏を休養にあてた馬と、サマースプリントシリーズを戦ってきた馬である。

この2つのグループは、どちらが良くてどちらが悪いというものではなく、馬券上の扱いを変えなくてはいけないということになる。
中12週以上で出走する夏休み明けグループは、過去10年〔03331〕という成績(外国馬や地方馬は除く、以下同様)。ロードカナロアやスリープレスナイトといった馬も負けているし、カレンチャンは馬券の対象から外れている。

このタイプの取捨は簡単だ。「人気になるレベルかどうか」。1番人気に推されていた馬が〔0321〕に対し、2番人気以下は〔00130〕。08年にスプリングソングが9番人気3着した以外は、馬券に絡んでいない。

今年、休み明け組で1番人気かそれに近い人気になる可能性があるのは◎ストレイトガールだろう。先述した理由からアタマ付けの馬券は買いづらいが、3連複の軸としては頼れるということになる。
また、この馬さえ押さえておけば、ほかの休み明け馬はすべて切るか、1頭くらいに△をつける程度でいい。あとは夏に戦っていた馬でシルシを埋めることになる。

では、サマースプリントシリーズの各競走から来る馬はどんなタイプがよいか。
基本的には1~3着してきた馬を順当に取るほうがよい。掲示板を外してきた馬たちは07~09年にそれぞれ1頭ずつ人気薄での好走があったのだが、それ以降は途絶えている。
その3頭のうち2頭は、前々走ではサマースプリントシリーズ連対していた馬。つまり、「前走で3着以内か、前々走で2着以内」をひとつの目安にすればよい。

今年の想定馬では、まずやはり○ウリウリ。CBC賞は距離だけでなく中京の路面がどうかと思ったのだが、それをこなした以上阪神なら大丈夫だろう。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

[競馬] 連軸に最適ストレイトガール【データ予想】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.