日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】刺激的だった2015WASJ

[週刊大衆09月21日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
刺激的だった2015WASJ


夏の札幌に舞台を移して行われた国際招待シリーズ「2015ワールドオールスタージョッキーズ」は、想像していた以上に、わくわくする大会になりました。

この時期、欧米の騎手は地元を留守にするのが難しいため、誰が参加するのか?
発表まで気になっていましたが、フタを開けると、豪華な名前がずらり。
海外から、最多勝記録のワールドレコードを更新中のラッセル・ベイズ騎手、トレヴと「凱旋門賞」を連覇中のティエリ・ジャルネ騎手、香港のジョアン・モレイラ騎手、女性で初めて年間100勝を挙げたヘイリー・ターナー騎手、日本でも馴染みの深いクレイグ・ウィリアムズ騎手。地方競馬代表として、北海道の岩橋勇二騎手と、金沢の藤田弘治騎手が参加。

これを迎え撃つJRA代表チームも、同期のエビショー(蛯名正義騎手)が落馬事故により欠場というアクシデントはありましたが(横山典弘騎手に変更)、戸崎圭太騎手、柴山雄一騎手、福永祐一騎手、岩田康誠騎手に、ミルコ・デムーロ騎手が加わり、レース前から体温が一度、上昇していたような気がします。

全4レースのポイントで争われたこの大会で優勝したのは、2、1、1、11着の計56ポイントを挙げた"マジックマン"の異名を持つ香港のモレイラ騎手。5、2、2、5着の計50ポイントだった僕は2位。ハナ差で負けた第3戦……あそこで勝っていたらと思わなくもありませんが(苦笑)、それ以上に、いい刺激をいただきました。

いつもなら、出走馬、ジョッキーの顔ぶれから、レース展開、道中の位置取り、スパートを掛けるタイミングなど、ある程度のことは予測できるのですが、これだけのメンバーが揃うと、予測不能です。

"こんなときは、こうしよう""あーなったら、こう対処しよう"と、いろんなファクターを頭に入れて想定を繰り返しますが、それでも、想定外の連続で、最後は瞬間の判断力に委ねるしかありません。



次ページ >> 【武豊】刺激的だった2015WASJ

【武豊】刺激的だった2015WASJ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.