日刊大衆TOP トレンド

カンタン痛み解消!目からウロコな「腰痛予防」のコツ

[週刊大衆09月21日号]

カンタン痛み解消!目からウロコな「腰痛予防」のコツ

日本全国に推定2800 万人、40~60代の約4割が悩む"国民病"、それが腰痛。寒暖差、気圧の変化がダイレクトに痛みへ結びつきがちなこの時期、苦しい痛みをスカッと解消。「腰痛予防」10のコツをお届け!!

「お湯なら平気でも、冷たい水だと虫歯が痛み出す。それと同じで、秋口に入り、気温が下がってくると、それだけ腰の痛みにも敏感になるんです。この8月末から、腰痛がぶり返す方が確かに目立ってきていますね」
腰痛と季節の関係をズバッとこう語るのは、整形外科専門医の小川和人氏だ。

夏が過ぎ、秋へ本格突入する中、腰痛患者が急増する原因とは、端的に言えば"冷え"なのだ。まだ暖かいだろうと侮るなかれ。和光治療院・漢方薬局(千葉市)で腰痛などの治療を行う薬剤師で鍼灸師の平地治美氏は、必ず靴下をはくべしと念を押す。
「足元を温めると、腰はもちろん、全身が温まります。できれば、綿か絹の靴下をはいてください。ビジネス用途でありがちな薄手の、ナイロンなどの化学繊維の靴下はダメ。汗をかくと、すぐ蒸れて臭くなるばかりか、かいた汗がそのまま冷えるからです」

俳優の石田純一のように、"裸足でローファー"などは絶対に避けたい。
むろん、風呂も大切だ。シャワーで済ませるのでなく、湯につかって全身を温めるべし。中でも、半身浴がよく効くという。
「40℃程度のぬるめの湯に20~30分、心臓から下の水位で、ゆっくりつかって温まります。全身でつかると、そんなに長くは入ってられませんし、しかも心臓に負担がかかりますから」
いい湯だなあと心地よく感じられる温度で、気持ち少な目のお湯がベスト!!

加えて、半身浴は全身をリラックスさせ、副交感神経を優位にする。ストレス解消にもってこいだ。
『スポーツ整体式48の股関節ストレッチ』(キンドル)の著者で、スポーツ整体WALKIN(東京都台東区)の院長・渡辺真一氏は、
「ストレスは、自律神経の働きを乱し、交感神経の働きを高め、それだけ腰痛を感じやすくします」

日本国民の腰痛の原因は85%が不明とされ、医学界では"ストレス"が通説。腰痛予防には、ストレス解消すべきなのだ。

次ページ >> カンタン痛み解消!目からウロコな「腰痛予防」のコツ

カンタン痛み解消!目からウロコな「腰痛予防」のコツ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.