日刊大衆TOP 社会

来たる!総選挙日本全国当選員議と落選員議「完全予想リスト」 vol.5

[週刊大衆09月03日号]

総選挙前
総数480

250-民主党
119-自民党
0-維新の会
5-みんなの党
37-国民の生活が第一
21-公明党
3-新党大地・真民主
9-新党きづな
9-共産党
2-たちあがれ日本
6-社民党
3-国民新党
1-新党日本
13-無所属
1-その他(減税日本)
1-欠員


総選挙後
小選挙区300
+比例区180

93-民主党(-157)
97-自民党(-22)
89-維新の会(+89)
48-みんなの党(+43)
46-国民の生活が第一(+9)
33-公明党(+12)
11-新党大地・真民主(+8)
10-新党きづな(+1)
12-共産党(+3)
2-たちあがれ日本(0)
4-社民党(-2)
1-国民新党(-2)
2-新党日本(+1)
30-無所属(+17)
2その他(減税日本)(+1)
※「総選挙前」の議席数は8月8日現在

比例代表区ブロック
選挙区
名前(年齢)党名/役職
寸評

北海道
北海道5区


町村信孝(67)自民党/清和会会長
大派閥の領袖にもかかわらず、選挙の弱さは驚異的。今回も危険信号が。

北海道9区


鳩山由紀夫(65)民主党/元総理大臣
デモ参加など常に予想外の行動で、国民の信頼を裏切ったあげく、落選。


松山千春(56)新党大地・真民主
盟友・鈴木宗男の支援もあり、北海道ならどの選挙区で出ても当選確実。

北海道12区


武部勤(71)自民党/元幹事長
年齢と露出の低さがWパンチの痛手に。小泉のイエスマンの栄光は遠い。


松木謙公(53)新党大地・真民主/幹事長
"宗男の番頭"としての活躍は道民のよく知るところ。今回の勝利も堅い。


北関東
茨城2区


額賀福志郎(68)自民党/元財務相
ダーティなイメージが災いしてか、閣僚経験者ながら常に落選予想筆頭。

栃木3区


渡辺喜美(60)みんなの党/党首
選挙での絶対的安定感はまさに牙城。北関東全域に"みんな旋風"が吹く!

東北
岩手4区


小沢一郎(71)国民の生活が第一/代表
逆風を受けながらも政治信条は揺るがない。その姿勢が理解されるか。

宮城5区


安住淳(50)民主党/財務相
通常は絶対当確の現職大臣のはずが"増税の旗振り役"への反感は強烈。


大久保三代(35)自民党/元NHKキャスター
父親が医者、元キャスター、演説上手、民主への逆風の4要素で当確か。

山形1区


鹿野道彦(70)民主党/元農水相福島
11年の代表選出馬&決選投票での野田支持だけが見せ場。存在感なし。

福島4区


渡部恒三(80)民主党/最高顧問
原発周辺利権に対する地元からの反発が強烈、との噂。引退の潮時かも。

東京
東京1区


海江田万里(63)民主党/元経産相
代表選への出馬から原発事故時の涙まで、男を下げまくった結果がコレ。

東京7区


長妻昭(52)民主党/元厚労相
政権交代時の期待感がそのまま失望に転じた形となった。もう目はないか。

東京8区


石原伸晃(55)自民党/幹事長
親父の七光りを徹底的に利用して、現在の地位まで。自身の地盤は安泰。

東京18区


菅直人(55)民主党/前総理大臣
全国民からの逆風を一身に受けて落選。あとは、お遍路に再出奔か?


谷亮子(36)国民の生活が第一/現参院議員
列島が五輪ムードのうちは安泰か。遠くなるにつれ、当選確率は下がる。

北陸信越
新潟5区


田中真紀子(68)民主党/元外務大臣
いまだに地盤は盤石なものの、気がつけば古希も間近。まだ議員をやる?

石川2区

引退
森喜朗(75)自民党/元総理大臣
暗躍を続けてきたが、ついに決断を。スッパリと身を引いてもらいたい。


東国原英夫(54)未定/前宮崎県知事
どこから出馬するかも未定だが、知名度は確実に全国区。ここなら通る。


田中美絵子(36)民主党中
国交省キャリアとの不倫騒動は致命的だった。ビジュアルが災いした?

東海
愛知2区


古川元久(46)民主党/特命担当大臣
相手が悪すぎる。「増税対減税」の対立軸では勝機はゼロ。諦めるほかなし。


河村たかし(63)減税日本/党首・現名古屋市長
名古屋での人気はまさに圧巻。悲願の国政返り咲きと、党の躍進を狙う。

三重1区


中井洽(70)民主党/元国家公安委員長
女性問題や威圧的な態度で、どこからも評判悪し。選挙民もそっぽを向く。

三重3区


岡田克也(59)民主党/副総理
イオングループの威光は健在。カタブツの印象も、現在の民主では貴重か。

近畿
京都2区


前原誠司(50)民主党/政調会長
国交相、外相と要職を歴任しながら混乱を招いただけ。それでも通る……。

京都5区


谷垣禎一(67)自民党/総裁
自民総裁でも近畿で吹き荒れる「維新の風」に敵わず。悲哀漂う風貌も×。

大阪7区


藤村修(62)民主党/官房長官
総理の女房役も、存在感薄く、維新に太刀打ちできず。落選の憂き目。

大阪10区


辻元清美(52)民主党/政策調査会副会長
実体はなく威勢のよさだけという事実は、選挙民にとっくにバレている。


中国
鳥取1区


石破茂(55)自民党/元防衛相
次期自民党総裁として名も挙がる。中国地方は保守王国ゆえ当選は堅い。

岡山3区


平沼赳夫(73)たちあがれ日本/代表
選挙では圧倒的な強さを誇る。06年郵政選挙から張り通した意地も○。

広島4区


中川秀直(68)自民党/元官房長官
「麻生倒閣騒動でのどっちつかず」と「愛人騒動」のイメージが拭えず●。

広島6区


亀井静香(75)無所属/前国民新党党首
代表を務めた国民新党で起きた造反劇にも黙って離党した。選挙は強い。

山口4区


安倍晋三(57)自民党/元総理大臣
お膝元での山口県知事選の結果に焦りはあるものの、自身の選挙は安泰。

四国
徳島1区


仙谷由人(66)民主党/元官房長官
「悪人」の印象そのままに地元でも評判悪し。自民王国に屈することに。

徳島3区


後藤田正純(43)自民党
女性スキャンダルから精進し、信頼回復に成功した模様。妻は水野真紀。

九州
福岡1区


松本龍(61)民主党/元特命担当大臣
復興相時の傲慢な態度と発言がすべて。チームドラゴンは遠い過去の話。

福岡8区


麻生太郎(71)自民党/元総理大臣
現在では、漢字が読めなかったのは大した問題ではなかった、との声も。

佐賀1区


原口一博(53)民主党/元総務相
「小沢寄りなのか、どっちなのか」と、二股の印象が強すぎる結果、●。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.