日刊大衆TOP コラム

パンチ佐藤 清宮君、オコエ選手ほか…高校野球後記

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第21回 清宮君、オコエ選手ほか…高校野球後記


夏の甲子園が終わり、そのままU-18 のW杯が開催され、日本は米国に1対2で惜敗。準優勝に終わりました。

今夏はゆっくり高校野球をテレビ観戦する時間があり、僕は僕なりの観戦方法を確立。清宮幸太郎君ばかりに目がいくなか、僕は高校野球のレベルアップに着目したんです。

率直に、今の高校生は凄い。僕らの頃は、フォークボールを魔球と呼んでいた。確か、高校生で魔球を駆使したのは、牛島和彦さんが最初だと思います。当時、フォークを打てる高校生など、それほど多くいませんでした。

それが、今年の甲子園を観ていると「カットボール」「ツーシーム」…など、大リーガー並みの投球をするピッチャーばかり。それを打者はしっかり打ち返しているんだから驚きですよ。僕らの時代でしたら、恐らく誰も打てないでしょう。

ピッチャーの配球やバッターの技術だけではありません。守備・走塁にしても、我々の時とは次元が違う。「スゲーな~」と感嘆するしかありません。

ただ、僕は古いタイプの人間なので、「凄い」と思う気持ちが半分。ベンチで水を飲むことや首の後ろを冷やすことができる今の高校生には「いい時代だな~」という嫉妬心が半分でした。

次ページ >> パンチ佐藤 清宮君、オコエ選手ほか…高校野球後記

パンチ佐藤 清宮君、オコエ選手ほか…高校野球後記

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.