日刊大衆TOP 芸能コラム

たった○m!? 飛距離が史上最短のホームランが生まれたワケ

[週刊大衆09月21日号]

たった○m!? 飛距離が史上最短のホームランが生まれたワケ

打球がホームランになるには、普通は90メートル以上の飛距離が必要です。
ただし、ランニングホームランの場合は、この限りではありません。プロ野球史上、最も飛距離の短いホームランは22メートルだそうです。

昭和47年(1972年)7月4日の南海-ロッテ戦、ロッテの千田啓介が打ったボールは三塁の手前でイレギュラーバウンド。三塁手の頭を超えて左翼のファウルグラウンドに転がりました。さらに、左翼手がクッション処理を誤って後逸。千田は、そのスキにベースを一周。誰にもエラーがつかず、ランニングホームランになっています。
この打球の第1バウンド地点がホームベースから22メートルでした。

アメリカ野球には、もっと短い記録があります。1902年のマイナーリーグで、打球が雨でぬかるんだグラウンドにめり込んで行方不明になり、探している間に打者がホームインしたんだとか。この世界最短ホームランの飛距離は?

(1)50センチ
(2)1メートル
(3)2メートル


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

たった○m!? 飛距離が史上最短のホームランが生まれたワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.