日刊大衆TOP 芸能

次は文化人になりたい!? 押切もえが「二科展」入選

次は文化人になりたい!? 押切もえが「二科展」入選

モデルの押切もえ(35)が、東京・国立新美術館「第100回二科展」(9月2日~14日)に作品を出展し、初入選を果たし報告会見を行った。

押切の二科展出展はこれが初で、モデルの作品が絵画部門に入選したのもこれが初めてのこととなる。

二科展は、二科会が毎年秋に開催する美術展で、今年100周年を迎える。

これまでも、歌手の工藤静香(45)をはじめ、俳優の石坂浩二(74)や八代亜紀(65)、五月みどり(72)なども入選を果たしており、今年は乃木坂46の若月佑美(21)が4年連続入選したことも話題となった。

今回入選を果たした押切の作品はバラをモチーフにした80号キャンバスの絵画「咲くヨウニ」で会見にて押切は「祈るのみと思ってましたが、ホッとしました」と心境を語った。

また、会見で新たに公募されることになった東京五輪エンブレムについて振られると、困惑した表情で「私はLINEスタンプで精いっぱいです」とコメントした。

ギャル雑誌の読者モデルから、K-1のラウンドガールなど経験したのち、雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルに成り上がり、蛯原友里と共にトップ・モデルとしてブレイクした蛯原。しかし、気がつけば35歳になった現在も独身のままだ。

読書好きをアピールしたり、ホノルルマラソンを完走したりと全方位に全力な彼女だが、新たな仕事のきっかけを掴んだ?

次は文化人になりたい!? 押切もえが「二科展」入選

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.