日刊大衆TOP 芸能

橋本マナミの“キャラ便乗”でブレイクを狙う南伊に小沢仁志もニンマリ?

橋本マナミの“キャラ便乗”でブレイクを狙う南伊に小沢仁志もニンマリ?

9月5日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)にグラビアアイドルの南伊(なみ・34)が出演し、“愛人キャラ”でブレイク中の橋本マナミ(31)に便乗して売れようとしていることを自ら告白した。


放送内に流れたインタビューVTRで、事務所の後輩である橋本が愛人キャラでブレイクした当時に「その手があったか」と、“便乗”を思いついたと語った南伊。その後すぐに愛人イメージのPR写真を事務所に無断で勝手に作成し、橋本が「(私は)おじさまたちの妄想の中にいる、国民の愛人」とアピールをすれば、負けじと後追いで南伊も「私はおじさまが好き」とアピールし、キャラを構築させていった。

好みのタイプは大杉蓮と鳥越俊太郎、となかなか渋めの趣味のようだが、自身については「キャラとかではなく、本当におじさんが好き」とフォローし、橋本のことは「マナミちゃんはおじさんが好きじゃないと思う」と、後輩を蹴落とす姿勢まで見せた。

「同じ事務所なので怒られはしないと思って、ついつい手を出してしまいました」とキャラ便乗を認めた南伊だったが、“禊”として「日本一怖いおじさん」こと小沢仁志(53)とデートをすることに。

“顔面凶器”とも評される小沢に緊張を隠せない南伊と、南伊に全く興味を示さない小沢。

デート先のバッティングセンターでも一人黙々とバットを振る小沢は、南伊が「好きな女性のタイプは?」と聞いても「質問の少ない女」と冷たい返事をする。

あげく小沢は、いきつけのショーパブ『ひげガール』に連れていき、南伊をよそにお気に入りのニューハーフ“ベルちゃん”と盛り上がってしまう始末。

完全に放置されるカタチとなった南伊の、意を決しての「ベルさんと私だったら、どっちと付き合いたいですか?」と質問にも「オマエには魅力がない、一緒にいると老ける」と、この日一番の辛辣な返しをした。

この一言で、“おじさん好き”を豪語する南伊もさすがに心が折れたかに見えたが、そんな小沢に対して何故か「優しい……」とウットリ顔で反応。

これには“日本一怖いおじさん”小沢も、アルコールが回ったか、「ドMだろ」と、ニンマリし、まんざらではない様子を見せた。

後輩に便乗するカタチで始まった「おじさん好き」キャラだったが、小沢仁志を籠絡させる確かな腕前を見せた南伊。意外とおじさんたちの趣向にもハマりそうで、ブレイクを予感させる一幕だった。

橋本マナミの“キャラ便乗”でブレイクを狙う南伊に小沢仁志もニンマリ?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.