日刊大衆TOP 芸能

人気女子アナ11人禁断の「おっぱいの形」完全透視 vol.1

[週刊大衆10月14日号]

ついに本誌は発見してしまった。その名も「おっぱい透視術」を――。

「私は、これまで1万人以上の女性の"おっぱい診断"をしました。結果、いまや服を脱がなくても、顔立ちや体つきから女性ホルモンの分泌を診断し、その全容を透視できるようになったのです」
こう語るのは、性感研究の第一人者で医学博士の志賀貢氏だ。

これに対し、「人相学では古くから"逆人形法"といって、顔を逆さにして体つきを見分ける診断法があります。ちなみに胸は鼻の部分。この方法を応用すれば、どんな美女も丸裸同然です」と豪語するのは、3万人以上の"顔相占い"をしてきた占い師の小野十傳(おのとでん)氏。

今回、本誌は日本を代表する2大透視能力者に、人気女子アナたちのおっぱい完全透視を依頼。
読者の皆さんを"女子アナおっぱい旅行"に誘おう!

1人目は加藤綾子アナ(28)。彼女の写真を見せたところ、志賀氏が突如、鼻血を噴き出した。
「し、失礼。これはスゴイね。名づけて"クーパー靱帯発達型の女"です!」

クーパー靱帯とは、乳房を支える靱帯のこと。ここが弱いと、"垂れ乳"になるのだが、加藤アナは異常に発達しているため、ツンと上を向いているという。
「小鼻の発達もよく、唇も華やか。女性ホルモンの分泌がいいから、おっぱいはお椀型の大乳輪。裸体の迫力は天下一品!」(前同)

すげえぜ、カトパン。だが、強い霊に遭遇して霊能力者も憑依されるように、志賀氏の様子がおかしい。
「作家の渡辺淳一さんの言葉に"愛情は心と手のひら"とありましたが、こんな素晴らしい乳房は、性感マッサージのように手のひらで優しく愛撫するのがいいですね。手のひらに太陽を、手のひらにオッパイを!」

意味不明なことを言い出した志賀氏に代わって、小野氏が冷静に透視した。
「彼女のように目の下にホクロがあるタイプは、乳輪にもホクロがあります」

う~む、透視術恐るべし。女子アナの乳房が丸見えだ!

続いて、加藤アナと同じフジテレビの生野陽子アナ(29)も裸にする!
小野氏が説明する。「鼻を見る限り、お皿型ですね。乳輪は蕾のような小乳輪。可愛い乳房ですよ」

一方、志賀氏は「深情けの乳房です」と説く。
「首が太いのは男性ホルモンが多い証拠で、けっこう毛深いんです。"毛深い女の深情け"と言うように、彼女は惚れた男に尽くす性格。骨盤もしっかりしてるから、丈夫で安定したセックスを提供してくれます」

ショーパンと似たお皿型が、夏目三久(29)だ。
「君ね、こういうオッパイを"キスマークの似合う胸"と言うんだ」(志賀氏)

吸いつきたくなるような美肌、ということですか!?
「そう、痕がつきやすい。しかも、お皿型乳房は直接攻撃に弱い。乳頭をかじられるのも好きだね」(前同)

ここで、タレコミ情報。女子アナ評論家の高島恒夫氏によると、この夏、水ト麻美アナ(26)が巨乳をアピールしていたとか。
「日本テレビのイベントで彼女は胸元がざっくりと開いたコスチュームを着て、観客に向かって前屈みの姿勢を取り、谷間を盛んに見せびらかしていました」

ナヌッ!? そんなに披露するなら、透視してやろう。
「左右の小鼻の発達を見る限り、円錐型の美乳です。さらに、頬肉の具合から弾力性もありそう。揉み心地も抜群ですよ」(小野氏)

乳首は中乳輪で、色は薄いバラ色。なかなか、おいしそうじゃないか。だが、志賀氏は「気をつけろ!」と突然、目を血走らせた。
「唇の縦ジワが多いから、すぐ妊娠するし、感じてくると、胸が紅潮するね。これを中国では"竜宮の色"と呼ぶ。つまり、"竜宮にいる女の乳"なのです!」

なんと、浦島太郎のように、水トアナのおっぱいを見たら最後。白髪になるまで虜になるのだそうだ。

10月8日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.