日刊大衆TOP 芸能

NHK番組公式Twitterの「謝罪文に顔文字」で視聴者から批判相次ぐ

NHK番組公式Twitterの「謝罪文に顔文字」で視聴者から批判相次ぐ

今月13日、NHKの番組『日曜討論』内で、安全保障関連法案の討論が行われた。同番組の開始前に公式Twitterで「間もなく放送」の旨を伝えたのだが、そのTwitterに「誤解を招きやすい文章が入っている」と一部視聴者からの指摘があった。それを受け、番組公式Twitterで謝罪を述べたのだが、その謝罪文に対しても「非常識だ」という声が視聴者から上がってしまっている。

毎週日曜日、午前9時~10時にNHKおよびラジオで放送されている『日曜討論』。主に、与野党の政治家や閣僚などをスタジオに招き、政局や国内外の情勢などの問題についての討論を行っている。13日の放送には、岡本行夫、栁澤協二、細谷雄一、木村草太の4人が出演、安全保障関連法案について「どう向き合うべきか?」を、各界の専門家が賛成・反対の立場から討論した。

同日放送前に、番組公式Twitterで

「いよいよ採決が迫る(?)安全保障関連法案。今朝の出演者は岡本行夫さん、栁澤協二さん、細谷雄一さん、木村草太さんです。皆さんの意見はどの出演者に最も近いでしょうか。反対意見って理解しにくいのに、賛成意見はすごく頭に入りやすい…。両耳でしっかり聞くぞー。ゲスト着席!間もなく放送です。」

とツイート。しかし同ツイートが、まるで安保関連法案への"反対意見が理解しにくい"と書いているようにも読め、一部視聴者から多くの指摘が寄せられた。それを受け番組終了後、番組公式Twitterで

「今朝のツイートについて。自分の意見と違う人の意見は耳に入りにくく、同じ意見だと理解しやすいと言う意味で書いたのですが、『賛成』『反対』という言葉を使ってしまったので、法案に『賛成』『反対』かのように誤解された方もいたようです。お詫び致します。m(_ _)m」

と謝罪した。また、番組内容に関しても、

「木村さんは番組で『(採決の)時機は熟している。…否決し廃案にするしかない』と番組で述べています。そのことが印象的でした。また誤解を生んでいるようです。申し訳ありません。反省m(_ _)m。」

と、繰り返し謝罪のツイートをした。



ただ、一連の謝罪ツイートを読んだ人からは、「顔文字?」「ちゃんと謝る気あるの?」「いい大人が、なんで謝罪のときに顔文字なんだよ!」「学生バイトにでもやらせてるのか?」といった批判が相次いでいる。中には、「もうNHKはダメだな」「戦慄するわ。NHKがここまでヤバくなっているとは」など、NHKを見限るような声も上がっている。

中立性が求められるマスコミ(特にNHK)のSNSは、世間から厳しくチェックされる。投稿したスタッフもこんな騒ぎになるとは思わなかっただろうが、今後波紋が広がりそうだ。

NHK番組公式Twitterの「謝罪文に顔文字」で視聴者から批判相次ぐ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.