日刊大衆TOP 芸能

本木雅弘、義理の父・内田裕也を「裕也」と呼び捨てにしていた!?

本木雅弘、義理の父・内田裕也を「裕也」と呼び捨てにしていた!?

9月11日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBSテレビ系)に俳優の本木雅弘(49)が出演。司会の安住紳一郎(42)、俳優の柄本明(66)らと食事をするシーンで次男の玄兎(げんと)君が飛び入りするハプニングが起きた。

番組は本木、安住、柄本の3人で子どもと一緒によく来るというステーキハウスで食事をする、という流れだったのだが、そこに玄兎君が登場。照れて本木に甘えまくるという愛くるしい姿を見せていた。
そして祖父母である内田裕也(75)、樹木希林(72)が話題に。

安住「なんか目ですか鼻ですか? お父さんに似ていますね」
本木「そうですか?母親系です」
安住「確かに、内田裕也さんに似ていますね」
柄本「うん、そうそうそう」
安住「おじいさんにロックな人がいるでしょう」
本木「裕也のことね」
安住「どう? その親戚を持っている感じは?」
玄兎「わからない」
安住「樹木さんのことは、ばあばって呼んでいる? どんな人?」
玄兎「やさしい」
本木「裕也はどんな人?」
玄兎「やさしい」
柄本「孫には優しいんだ」

なにかと話題の多い内田と樹木夫妻。孫の目にはどちらも優しく映っているようだが、本木が義理の父親である内田裕也を「裕也」と呼び捨てにしていることが判明。家族の中に複雑な人間関係が存在することを匂わせるシーンだった。

本木雅弘、義理の父・内田裕也を「裕也」と呼び捨てにしていた!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.