日刊大衆TOP 芸能

小嶋陽菜「水着よりもアンダーウェアが好きなんです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆09月28日・10月05日号]

小嶋陽菜「水着よりもアンダーウェアが好きなんです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

世の男性の憧れと言っても過言ではない小嶋陽菜さん。今年3月に発売された話題の写真集の裏側や、秘められた想いを直撃! さらに、女性誌に掲載されるや、"ハダカでは?"と列島が二分した、写真騒動の真相も聞いたゾ!

――今週はなんと、AKB48の小嶋陽菜さんが本誌に初登場です!

小嶋 初めまして。

――ここだけの話、週刊大衆で「AKB48の誰が一番好きか?」というアンケートを取ると、小嶋さんがダントツ一位なんですよ。

小嶋 ほんとですか(笑)?

――本当です! というわけで、今回は、オジサンが聞きたいことをアレコレ質問させていただきます。

小嶋 よろしくお願いします。

――早速ですが、小嶋さんといえば、少し前に女性ファッション誌『sweet』の表紙が話題になりました。

小嶋 あ~(笑)。

――実は僕もコンビニを探し回ったのですが、8軒行っても見つからず、9軒目でやっと発見しました。

小嶋 うれしいです。確かにファンの方からも"コンビニで売り切れていた"とか"ネットでも買えない"と聞いていたんです。

――たぶん、男性も買っているんですよ。

小嶋 女性誌なのに?

――はい。だって椅子に座ったフル露出と思しき小嶋さんの写真が……率直に聞きますが、これはアンダーウェアをはいていませんね!

小嶋 アハハ。どっちでしょうね~。

――僕が見る限り、はいていませんよ。

小嶋 まあ、うまく撮っているということで(笑)。

――アンダーウェアをつけているかいないかはともかく、撮影自体は恥ずかしかったですか?

小嶋 うーん。ただ、このときは"格好いいもの"を撮ってもらいたいという気持ちだったので、恥ずかしさとかはなかったです。

――むしろ、やりたかった?

小嶋 いえ、普通はやりたくないんです……。でも、『sweet』さんなら、女性向けのファッション誌で、格好いいモノを撮ってくれるだろうと信じて、思い切って、やってみたんです。そしたら想像以上に反響があったので、よかったです。

――すごく綺麗ですもんね。変なイヤラしさは感じない。

小嶋 ありがとうございます。一つの作品として見てもらいたいです。

――撮影は大変でした?

小嶋 意外とそうでもなかったですよ。何通りかのポーズを決めて撮影するだけだったんです。カメラマンさんは撮る"角度"をいろいろ考えていましたけど。

――コレ、角度によっては見えそうで"危ない"!

小嶋 そうですよね(笑)。

――オジサンとしてはやはり、つつい小嶋さんのキレイなヒップに目がいってしまうのですが、ヒップは自慢のパーツ?

小嶋 全然、自慢のパーツじゃないですよ(笑)。

――じゃあ、ヒップばかり注目されると恥ずかしい?

小嶋 そうですね。どっちかというと今までの私は“胸キャラ”という印象があったみたい。『ピーチジョン』のCMもやっていたので、そう思われているのかなと。

――確かに胸の大きさにも本誌は注目していました。

小嶋 アハハ。だから、いつも胸ばかりじゃつまらないから、違うこともやってみようかなと思ったんです。

――3月に発売された写真集『どうする?』(宝島社)も、ヒップの写真が多かったですよね。

小嶋 はい(笑)。あれはまさにヒップをテーマにしていますからね。

――素晴らしいヒップが満載でした!

小嶋 あの写真集はとにかくたくさんの方に見てもらいたかったんです。そのために大きく3つの意見を取り入れて作ったんです。

――3つとは?

小嶋 一つはアイドル好きの若い男性向け、もう一つは女の子向け、そして最後にオジサン向けです。

――おおっ! 我々にも見てもらいたい、と?

小嶋 はい。やっぱり男性と女性では"見る目"が違うのはもちろん、若い男の人とオジサンも求めるものが違うと思ったんです。

――オジサンは色っぽい写真が好きですからね。

小嶋 そうなんです。若い男性だけをターゲットにしたらやっぱりかわいい水着姿とかが多くなるんです。でも、オジサンはそれだけじゃ物足りないみたいで。周りにいる年配の男性の方たちにも意見を聞いて、作りました。

次ページ >> 小嶋陽菜「水着よりもアンダーウェアが好きなんです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

小嶋陽菜「水着よりもアンダーウェアが好きなんです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.