日刊大衆TOP 芸能

池田裕子「売れ残りの小型犬みたいな顔」とバッサリ切り捨てられる

池田裕子「売れ残りの小型犬みたいな顔」とバッサリ切り捨てられる

9月15日に放送された明石家さんま(60)が司会の『さんま御殿2時間SP話題の人気女優大集合&見る目のない女涙祭』(日本テレビ系)にモデル・アイドルの池田裕子(28)が出演。自称“腐女子アイドル”らしい発言を繰り広げ、らしい発言を繰り広げ、共演の西川史子(44)や大久保佳代子(44)らに食いつかれていた。

番組中、西川史子が離婚の時、歯が全部抜ける夢を見たという話になったのだが、そこに珍しく池田が食いついた。

「歯の抜ける夢って10年以上、連続して見ているんですけど。気になって調べてみたら、自分に性的な魅力がないんじゃないかって、自信をなくしている時に見るんですって」

さんまが「これから誰か好きな人ができるんだろうか?これから私は誰かに抱かれるんだろうかって心配で見る夢なんだ?」と問うと、
池田は「そうです。私は10年以上それに苦しんでいるんですよ」と回答。

さんまが「だからいっぺん挑戦してみたら? 誘われたらお泊まりしたら?」と提案すると、池田は「いや、それはダメですよ。私一応、アイドルなんで」と拒否。
事務所のルールではないが、自分で恋愛禁止ルールを守っている、と告白するも西川は「意味無いじゃん」と全否定。

ここで共演者から「顔がかわいいのにかわいそう」と声があがるが、西川は「かわいい!?」と反論。大久保からは「なんか、売れ残りの小型犬みたいな顔」とまで言われ、さんざんな放送となってしまった。

池田裕子「売れ残りの小型犬みたいな顔」とバッサリ切り捨てられる

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.