日刊大衆TOP 芸能

吉高由里子はプロ級だった!? 「実はギャンブル好き」な芸能人のエピソード9選

吉高由里子はプロ級だった!? 「実はギャンブル好き」な芸能人のエピソード9選

パチンコに競馬に麻雀に……実はけっこう多いのが趣味がギャンブルという芸能人。鬱憤が溜まりがちな社会で、ストレス解消といえば賭け事だけ……というのはサラリーマンも芸能人も同じこと。そのなかでも意外な人物をリストアップしてみた。

1:パチンコ・スロット
●阿部寛
『non-no』のモデルを経て、1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューを果たすも、以後はなかずとばず。3年間ほどパチンコで生計をたてる、いわゆるパチプロだった。一日で25万円パチスロで負けたことも。現在は、息抜きで打つ程度だという。

●吉高友里子
パチンコ、麻雀、競馬などのギャンブル好きで知られる。女優デビュー前は地元・世田谷区や目黒区のパチンコ店に出入りしており、腕はプロ級との噂。ギャンブルが好きな理由として、「人生はギャンブルみたいなものだから」と答えている。

●椿鬼奴
自身のネタにパチンコ台『海物語』の話を折まぜるほどのパチンコ好きである。「全然当たらなくても打たないよりはいい」との発言も。鬼奴の母親もパチンコ依存症で、娘をパチンコに誘うとき「海(物語)なら大丈夫」との名言(?)を放った。

●後藤真希
2007年に弟・祐樹が窃盗容疑で逮捕され、芸能活動を一時休止。その際、パチンコを打っている姿を週刊誌に撮られる。くわえタバコで携帯片手にパチンコを打つゴマキは、ちょっと格好よくもあり、ただのヤンキーに見えなくないこともあり……。

●田口淳之介(KAT-TUN)
7年ほど前、東急線沿線のパチンコ店に週一で通っていた。スロット台は『北斗の拳』がお気に入りで、目押しも得意なようだ。その他、関ジャニ∞の横山裕やTOKIOの国分太一、城島茂など、売れない時代にパチンコ店で暇を潰していたジャニーズは多い。

2:競馬
●見栄晴
実家が東京競馬場の近所だったため、競馬の熱烈な愛好者になる。競馬情報番組の司会に、クラブ法人であるゴールドホースクラブの代表取締役も務めた。ギャンブルで作った借金は数百万円で、それをすべて母親に返済させた。しかもそれに懲りず、同じことを繰り返したというから、ドイヒーである。

3:競輪
●六角精児
パチンコ、競輪などなど、あらゆるギャンブルにのめり込んでいた時期があり、借金は1000万円を超えていた。2006年に出演したドラマ『電車男』あたりから仕事が増え始め、現在は全額を返済している。全国の競馬場を旅打ちして回ったほどの競輪ファンである。

4:カジノ
●菊池亜美(元アイドリング!!!)
今年3月に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ)で、カジノ好きを告白。3ヶ月に一度のペースで韓国やマカオのカジノに行くほどの熱中ぶりで、勝った金はブランド品につぎこんでいるという。借金はまだないらしいが……。

5:麻雀
●Gackt
芸能プロ関係者と「世界平和の会」というマージャン大会を開くほどの麻雀好きである。六本木にある雀荘の常連でもあり、あのイメージのまま、淡々とクールに打つらしい。独特の低い声で「なんだよ~」「タンヤオかよ~」とボソボソ呟いていた、との目撃情報も。

なにかとストレスのたまる芸能人。ギャンブルでスカッと解消するのもいいが、ハマリ過ぎにはくれぐれもご注意を……!

吉高由里子はプロ級だった!? 「実はギャンブル好き」な芸能人のエピソード9選

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.