日刊大衆TOP 芸能

スクープ!! ナニワの不死鳥やしきたかじん「正月復帰」

[週刊大衆10月14日号]

2012年の1月末に食道がんが発覚し、芸能活動を休止。手術とリハビリを経て、今年3月にテレビ復帰した"浪速の暴れん坊"やしきたかじん(63)。
「キレのあるトークは健在でしたが、復帰後は頬がこけるほど痩せていました。収録も1回2本撮りだったものが、たかじんさんの体調を考慮して1本撮りに。本人は気丈に振る舞っていましたが、やはり、しんどかったんじゃないですかね」(制作会社スタッフ)

復帰したのも束の間、2カ月足らずで再度休養に入り、現在もその状態が続いている。
オフィシャルホームページには、〈主治医による検査診断の結果、疲労による食欲不振や睡眠不足から起こる体力の低下がみられ、しばらくの間休養を要するとの指示が出ました〉(抜粋)と、5月8日付で告知が出された。
その直後、一部メディアが「がんがリンパ節に転移し、東京の病院に入院している」と報じたため、「たかじん重病説」が囁かれるようになった。

ところがどっこい、たかじんは順調に回復中。番組復帰へ向け、カウントダウンが始まっているという。
「がんといっても発表されているように初期のもの。転移はありません。マスコミはあれこれ書き立てるのがご商売でしょうが、本人は元気だと聞いています。本人は"痩せぎすで毒を吐いても痛々しいだけだしまた何を書かれるかわからん"と考えているようで、食事の量を増やし、体力を回復しているところです」(たかじんに近い関係者)

食道がんの手術では、切除した食道の代替に、胃を引っ張って当てる。
「そのため、逆流性食道炎などに悩まされることが多いんです。たかじんさんもこうした理由から食欲不振に陥り、体力が衰えたんでしょう」(都内の勤務医)

現在は体重も増え、すぐにでも復帰可能という。
「ただ、今回は万全を期すために、復帰は年末に収録される正月特番からになるようです」(前出・関係者)

ファンにはうれしい"お年玉"となるか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.