日刊大衆TOP 芸能

百田尚樹「逃走中」出演オファーを断るも内心では後悔?

百田尚樹「逃走中」出演オファーを断るも内心では後悔?

小説家の百田尚樹(59)が16日、ツイッターにて『逃走中』(フジテレビ系)から出演依頼を受けていたことをTwitterで明かした。

百田は『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したところ、スタッフの間で好評だったようで、早速、『逃走中』からオファーを受けたらしい。さすがに意外だったようで「どうやら私はお笑いタレント扱いになったらしい。もちろん丁重にお断り申し上げた」と自虐気味にオファーを断った旨を報告した。

『逃走中』と言えば、サングラスをかけたハンターから制限時間まで逃げ切れば賞金を獲得できるというルールで、残り時間が短くなればなるほど賞金の額が上がるのが特徴。「自首」によって成立時に貯まっている賞金を持ち帰ることができるのだが、それは姑息とされ、実行した出演者が炎上してしまったこともある。

このつぶやきを見たファンからは、「見たかったです~」「出て欲しかったです」「55万位で、自首して炎上希望」といったリプライが寄せられ、これを受けた百田も「うーん…出ようかな。もともとお笑いの放送作家だし、バラエティー番組に出るのは嫌いじゃないし」とコメントした。

しかしその直後に、「でもよく考えてみれば、「逃走中」に出ても、20メートルくらいしか走れないのだった・・・。100メートルも走ったら、そのまま病院送りになる。僕の筋肉のほとんどは口の周りと指先だけ。あと一ヶ所あるが、それは秘密。」と、最後はお笑いの放送作家らしく、最後を下ネタでおとしていた。

百田尚樹「逃走中」出演オファーを断るも内心では後悔?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.