日刊大衆TOP 芸能

離婚決意広末涼子が挑む特エロ「TバックSEXダンス」

[週刊大衆02月03日号]

女優・広末涼子(33)が本気になろうとしている。
「昨年は春に主演映画『桜、ふたたびの加奈子』が公開され、夏には『スターマン・この星の恋』で17年ぶりに連ドラに主演。秋は『リーガルハイ』で堺雅人と共演。その間にもCMの撮影など、働きまくっていました」(テレビ誌記者)

実は今年は、広末が芸能界入りするきっかけとなったクレアラシルグランプリ受賞から20年目。
メモリアルイヤーに向けて気合が入っているのかと思いきや、その働きぶりには別の理由があるという。
「ついに、離婚の決意を固めたようです。夫でアーティストのキャンドル・ジュン氏とは10年に結婚し、11年には男の子も生まれていますが、ジュン氏はほとんど自宅に帰らず、これまで何度も離婚説が囁かれていました」(芸能リポーター)

広末は過去、モデルの岡沢高宏と03年にデキ婚し、04年に男児を出産。
08年には岡沢と離婚しているため、このままいくと2度目の離婚で、女手ひとつで2人の子供を育てることになる。

その決意表明というべきか、現在、広末は衝撃的な映画の撮影に臨んでいる。
腹をくくった彼女が挑むのは、なんと子持ちのストリッパー役。しかも、超セクシーなTバック下着でポールダンスを披露するというのだ!
「今秋公開の映画『彼女との上手な別れ方』に主演します。広末さんは、11歳の子供を持つシングルマザー役で、六本木のバーで水着、下着、キャミソール、制服姿でのダンスで絶大な人気を得ているという設定です」(映画誌記者)

現在、広末はカラダ作りとポールダンスを猛特訓中。
「ステージでは華やかさを、日常では愛しさと切なさを表現できるといいなと思います。初めての経験に痣と筋肉痛との日々です」とは広末のコメントだ。
「原作小説では緑のスパンコール付きドレスから超きわどい黄色の下着姿になって踊るんですが、映画では広末の定評のある美尻が際立つようにTバックを用意するプランもあるようです」(制作関係者)

これまで『秘密』『ヴィヨンの妻』『ゼロの焦点』『おくりびと』などの作品で、セックスシーンを演じてきた広末だが、過去最高の露出となるのは間違いなさそうだ。
「演技力が格段に上がり、思いきった演技ができるという意味では、広末さんはいまが旬。素晴らしい挑戦だと思います」(映画評論家・豊洲満雄氏)

弾けた演技で、すべてを見せてほしい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.