日刊大衆TOP 芸能

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

[別冊週刊大衆 あの80年代アイドルは今! 101人大捜査]

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

1985年4月1日、フジテレビのバラエティ番組「夕やけニャンニャン」開始とともにデビューし、のちに次々とアイドルをブレイクさせていった『おニャン子クラブ』。1987年8月31日の同番組終了に伴って、翌9月に解散コンサートを行い、わずか二年半という短期間で活動を綴じた。
男子たちが誰もが夢中になった彼女たちは、いまどこで何をしているのだろうか? 合格のみの最短メンバーから現役で活躍するおニャン子までを全網羅!


 * * * * * *

■会員番号1番・奥田美香
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。'88年、プレイメイト・ジャパンに選出され裸を披露。その後、プロダクションの社長に就任したとか。

■会員番号2番・榎田道子
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。その後、ASAYANのオーディションに応募するも落選。現在、補正下着を扱う会社で働いているらしい。

■会員番号3番・吉野佳代子
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。それ以降、メディアで姿を見ることはいっさいない。現在は一般人に戻っていると思われる。

■会員番号4番・新田恵利
グループ結成時のオリジナルメンバー。おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカルを務めるなど、初期のおニャン子クラブの象徴であった。'86年1月に「冬のオペラグラス」でソロデビュー。オリコン史上初となる、女性歌手デビュー曲初登場第1位を記録した。同年9月にグループを卒業しソロ活動を開始。'90年に文筆業を目指すため芸能界を一時引退するも、'93年、芸能界に復帰。'95年には初のエッセー「これじゃ結婚できないわ」を上梓した。'97年、前年のフジテレビの日に開催された「復活夕やけニャンニャン」を担当したフジテレビの社員と結婚。現在も情報番組のレギュラーや舞台出演など、芸能活動を継続中。

次ページ >> 徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.