日刊大衆TOP 芸能

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その2

[別冊週刊大衆あの80年代アイドルは今! 101人大捜査]

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その2

1985年4月から1987年9月の短期間、当時の男子たちを熱狂させた伝説のアイドルグループ「おニャン子クラブ」。合格のみの最短メンバーから現役で活躍するおニャン子まで、彼女たちがいまどこで何をしているのか、現在の姿を追った!

 * * * * * *

■会員番号13番・内海和子
'85年4月おニャン子入り。合格後はオールナイターズ2期生として「オールナイトフジ」にも出演していたが、程なくしておニャン子クラブに専念。歌唱力が高く、'86年11月に「蒼いメモリーズ」でソロデビューした際には“おニャン子クラブの歌姫”というキャッチフレーズが付いた。'87年3月にグループを卒業。その後も芸能活動を続け、'89年頃にはカーレーサーをしていたことも。'93年に結婚し芸能界を引退。現在は専業主婦で1児の母。

■会員番号14番・富川春美
'85年4月おニャン子入り。一時期番組を休んでいたこともあったが、第1回から最終回まで夕やけニャンニャンに出演し続けた唯一のメンバー。在籍中にソロデビューの話もあったが、結局は幻となってしまった。解散後もしばらくはモデルやCM出演などの芸能活動を行っていた。その後、沖縄のマリンリゾートホテルに就職し、受付やインストラクターなどの仕事をするようになった。現在は結婚し2児の母となっている。沖縄県在住。

■会員番号15番・立見里歌
'85年4月おニャン子入り。同年3月まではオールナイターズとして「オールナイトフジ」に出演していた。“漢字が読めない、歌がヘタクソ”など、夕やけニャンニャンでは終始色モノとして扱われていた。'86年4月、ニャンギラスのリーダーとして「私は里歌ちゃん」でユニットデビュー。'87年3月にグループを卒業したが、卒業記念としてリリースしたソロシングル「そんなつもりじゃなかったのに」は、おニャン子関連の曲の中でオリコン順位がワーストワンとなってしまった。その後はポニーキャニオンに就職し、工藤静香のコンサートで物販などを担当していたが、'91年、結婚を機に退社。現在は広告代理の仕事をしながらテレビ出演などもこなしている。

■会員番号16番・高井麻巳子
'85年4月おニャン子入り。清楚な雰囲気と純朴な性格で人気が高かった。同年10月に岩井由紀子とグループ内ユニット、うしろゆびさされ組を結成。デビュー曲の「うしろゆびさされ組」はテレビアニメ「ハイスクール!奇面組」のテーマ曲となった。'86年6月には「シンデレラたちへの伝言」でソロデビュー。'87年3月にグループを卒業し、その後も歌手を中心にアイドルとして活躍していたが、ファンクラブ結成イベントの数週間後に秋元康と結婚し'88年に芸能界を引退。ファンに衝撃を与えた。結婚後は、書籍のイラストや自著本を秋元麻巳子名義で発表。引退後はいっさいメディアに登場しないが、秋元康が出演したテレビ番組で写真が紹介されたことがある。

次ページ >> 徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その2

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その2

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.