日刊大衆TOP 芸能

倉科の妹、有村の姉…「実は姉妹です」芸能美女が公表するワケ、しないワケ

[増刊大衆09月29日号]

倉科の妹、有村の姉…「実は姉妹です」芸能美女が公表するワケ、しないワケ

やっぱりキュートな倉科カナ。彼女の妹は、さて…

兄弟姉妹で芸能人というケースは珍しくない。最近では有村架純(22)の姉、倉科カナ(27)の妹が、それぞれ芸能人であることが公になったばかり。
5月に東京スポーツが報じたのが、有村の姉のグラドル・新井ゆうこ(24)の存在だ。

13年のNHKの朝ドラ『あまちゃん』で大ブレーク、人気女優の仲間入りを果たした有村の姉がどんな子なのか、ファンならずとも気になるところだが、
「新井は高校時代から大阪のモデル事務所に所属し、地元でグラビアや水着撮影会の仕事をしていました。妹が売れっ子になってからも"妹は妹、自分は自分"と考え、あえて姉と名乗ることはしなかったんだそうです」(芸能記者)

有村が中学生のときに両親が離婚。母の家計を助けるため、姉妹は高校時代からバイト三昧で、早くから自立心が芽生えたという。
姉の新井は有村を面長にした顔立ちだが、B88W55H84のグラマラスボディは妹以上に肉感的だ。

一方、6月に倉科カナの妹であることが明らかになったのが橘希(24)。
「彼女は昨年から稲森ヒロの芸名で活動していましたが、今年、ホリプロに移籍したのをきっかけに橘希に改名。仕事もグラドルから女優へとシフトしつつあります」(夕刊紙記者)
橘の場合も自分の意思でカミングアウトしたというよりは、ホリプロが彼女を"倉科カナの妹"として積極的に売り出す方針のため、結果的に妹であることを認める形になった。

橘は倉科をさらにキュートにした顔立ちだが、姉妹だけあって、よく似ている。スリーサイズは倉科が上から89・59・87、橘は84・58・84。こちらは姉の貫禄勝ちといったところか。
新井は週刊誌のグラビアに登場。橘は『デスノート』で連ドラデビュー。やはり、持つべきものは"よくできた姉妹"ってことですか。

倉科の妹、有村の姉…「実は姉妹です」芸能美女が公表するワケ、しないワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.