日刊大衆TOP 芸能

澤瑞希、三浦カズ、辰吉……スポーツ界の偉人が残した「敗者の名言」7選

[別冊週刊大衆 美しき敗者36番勝負]

澤瑞希、三浦カズ、辰吉……スポーツ界の偉人が残した「敗者の名言」7選

勝利の数だけ敗北がある。悔し涙をこらえながらトップアスリートたちが放つことばが、ときに勝利以上にわたしたちの心を揺さぶる。W杯、オリンピック、ボクシング……、最高の舞台でうまれた名言たちを紹介したい。


■「最後のW杯、悔いなくやり切れた」(2015女子サッカーW杯・澤瑞希)
サッカー女子W杯2015決勝に敗れた直後のインタビューにて。日本女子サッカー界を引っ張り続けた36才の彼女が最後のW杯として臨んだこの大会。連覇を逃しはしたものの、チーム一丸となって力を出し切り決勝へ勝ち上がったなでしこの戦いは日本中に大きな感動を呼んだ。

■「原田さん、銀メダルですよ」(リレハンメル五輪・西方仁也、岡部孝信、葛西紀明、原田雅彦)
冬季五輪でもっとも有名なシーンのひとつ、リレハンメル五輪ジャンプ団体決勝。圧倒的リードでむかえた日本の最終ジャンプ。飛びさえすればとれる金メダル。だがそのジャンプを原田が失敗。まさかの銀に日本中が落胆した。頭をかかえしゃがみこむ原田。3人が駆け寄り原田に声をかけたのであった。

次ページ >> 澤瑞希、三浦カズ、辰吉……スポーツ界の偉人が残した「敗者の名言」7選

澤瑞希、三浦カズ、辰吉……スポーツ界の偉人が残した「敗者の名言」7選

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.