日刊大衆TOP 娯楽

パチンコの常識を疑え!? 「パチプロが一般客に負けてしまう時」


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第10回 意外な視点で丸儲け!? パチプロがプライドを捨てる時


「今日こそは3万発出してやる!」と意気込んでホールに到着すると定休日……。そんなことが日常茶飯事のポンコツパチプロ・アンドレです。

パチプロにとって、パチンコで勝つための究極テーマは、あくまで『より回る台で勝負する』この一点に尽きます。運気の流れを読むとか、ヒキを鍛えるなんて考えを持っているパチプロは存在しません。プロは常に「回る台! 回る台!」と呪文のように唱えている毎日なのです。もし回る台を見つけることができなければ、自分の首が回らなくなってしまいますからのう。

しかしそのためのアプローチはパチプロによって千差万別。店選びに機種選び、釘を見て吟味したり、データ表示機を活用したり。なかでも「ストローク合わせ」の技術は特に重要です。

ストロークとは、つまりパチンコ玉をどこに打ち出すか、ということ。ライバルプロがイマイチ回せなくて諦めた台で“秘密のストローク”を駆使してブン回り台に早変わり。そんな時は「どうだ!」と思わず心の中でつぶやいてしまいます。打つところを調整することで、台の回転数も変わってくるものなのです。

パチプロというのは、打っている時はもちろん、移動中でも家の中でも『回る台』のことばかり考えている人種ですが、時には意外な相手にそのプライドを打ち砕かれたりします。

わしの20数年のプロ歴の中で、同業のパチプロに敗北感を味わったことは一度もありません。そんなわしがズタズタにプライドを打ち砕かれた相手、その猛者とは何と……常連のおばあちゃん!! 

ある日、近場で狙いたい店がなく、少し遠出を決意。バラエティーコーナーに優秀台がポツポツ置かれている郊外店へ向かいました。このホールには、ハネモノの『デビルマン倶楽部』が置いてあるのですが、いつも同じおばあさんが打っていて、短時間で何箱も出して帰っていくのを何度も見ています。

常連客に迷惑を掛けたくないので、それまでわしはこの店で『デビルマン倶楽部』を打ったことはありませんでした。この日、初めて釘を見てみると平均レベルを少し上回る程度。「この釘で爆発的に出るなんて……」と不思議に思ったので1000円だけ試し打ちしてみると、やはり見立て通りの結果に……。すぐ打つのをヤメて別の候補機種に腰を据えました。

小一時間ほどしてわしは順調に3箱半の出玉。さっきの『デビルマン倶楽部』には知らぬ間に常連のおばあちゃんが座っていて、これがなんとすでに5箱オーバー!! 『デビルマン倶楽部』の攻め方には絶対の自信があったのですが……実力差は明白です。普段はプロとしてのプライドがあるので他人のストロークを見るのは禁じ手にしていますが、どうにも納得がいかないのでちょっとだけチラ見してみると……。

次ページ >> パチンコの常識を疑え!? 「パチプロが一般客に負けてしまう時」

パチンコの常識を疑え!? 「パチプロが一般客に負けてしまう時」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.