日刊大衆TOP 芸能

近藤春菜、洋服店の店員に「テレビで着ないで」と言われ憤慨

近藤春菜、洋服店の店員に「テレビで着ないで」と言われ憤慨

9月24日に放送された『アメトーーク』のテーマは「波風立たせたくない芸人」。日々の生活の中で波風を立たせたくないがため、思わず本音と違う言動をしてしまうエピソードを近藤春菜(32)ら披露。言いたいことは我慢せずに言うという、司会の宮迫博之(45)を驚かせていた。

近藤が本音と違う言動をしてしまったのは、ある洋服店でのこと。気に入った服が見つかり、購入しようとレジに持って行ったところ、店員から「うちの商品、テレビで着ないでいただいてもよろしいですか?」と、言われたというのだ。

本音では「こっちは金払ってる客だぞ! なめんな!! 要らねぇよ!!」と言いたかったのだが、実際は「ですよね~。外、一歩も出ません! うちのカーテンとも色味合うなって」と、言ってしまったんだとか。

このエピソードに対し宮迫は自分なら「お金返してもらっていいですか? いま言われたことをテレビ、いろんな媒体で言わせていただいていいですよね? 事実ですから」と言うと、さすがに強気な発言。しかし近藤は「それ言うよりもやっぱり穏やかに過ごしたい」のだとか……。

バラエティ番組では激しいツッコミを見せている近藤だが、実際はずいぶんと気弱な性格のようだ。

近藤春菜、洋服店の店員に「テレビで着ないで」と言われ憤慨

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.