日刊大衆TOP 芸能

ポスト・カトパンの本命!? 長澤まさみに「女子アナ」転身オファー

[週刊大衆10月12日号]

ポスト・カトパンの本命!? 長澤まさみに「女子アナ」転身オファー

超絶美脚&バストを引っさげてトップ女優が本気でキャスター転身!? これはテレビ局がほっとかないぞ。

「あのスタイル、笑顔は、まさに最強。次の〈好きな女子アナランキング〉では、彼女の名前が上位に入ってくるなんて展開も十分、考えられますよ!」

テレビ誌記者をそうコーフンさせるのは、女優・長澤まさみ(28)。なぜ彼女が女子アナランキングに? と思うかもしれないが、その理由は、来年公開予定の映画『グッドモーニングショー』で、女子アナ役に初挑戦することが発表されたからである。

「長澤が演じるのは、中井貴一演じるワイドショーのメインキャスター・澄田慎吾に憧れる、女子アナ・小川圭子。コメディ作品ではありますが、長澤の女子アナっぷりが最高だと、撮影現場から絶賛の声が聞こえてくるんです」(前同)

この作品に対する長澤の意気込みは並々ならぬものがあったようで、
「女子アナ役は、普段の芝居のときの発声と異なるということで、新人アナと同様の発声指導を現役の女子アナから受けたといいます。メガホンを取る君塚良一監督は"演技力のみならず、アナウンス力も抜群です"と、長澤の女子アナぶりを絶賛していますね」(前同)

本人も「しっかり演じ切って、実際にテレビ局からキャスターのオファーが殺到するくらいになるように頑張ります」と語っているが、この調子なら、その可能性は十分にありそう。
「本作の製作はフジテレビと東宝。特にフジは視聴率低迷にあえいでおり、この10月の改編でも、日曜の3番組を終了させて3時間の大型枠を設けるなど、編成に大ナタを振るうことが発表されています。しかし、まったく話題にならず、早くも大コケ確定とも。それだけに、長澤が本当にキャスターをやってくれるなら、フジはいくらでも番組を用意するのではないでしょうか」(芸能記者)

フジテレビには、男性ウケが抜群の"カトパン"こと加藤綾子アナ(30)がいるが、
「カトパンは、今年に入って退社報道が飛び出すなど、フリー転身は時間の問題という状況です。フジが悩ましいのは、まだ、これといった後継者が育っていないこと。映画のヒットいかんでは、フジが本気で長澤にラブコールを送る可能性もあるんじゃないかといわれています」(前同)

仮にカトパンが退社しても、その穴を埋めて余りある魅力を長澤が持っていることに異論はないだろう。
「なんといっても、あの美脚です。古くは『ニュースステーション』(テレビ朝日系)の小宮悦子、近年では『サタデー・サンデースポーツ』(NHK)の山岸舞彩など、女子アナの美脚が番組視聴率をグンと引き上げることは、もはや常識。芸能界一ともいわれる長澤の美脚が生放送で毎日見られるなら、男性視聴者は確実にチャンネルを、その番組に合わせるはずです」

芸能評論家の平林雄一氏も、彼女の美脚をこう絶賛する。
「12歳で東宝シンデレラオーディションのグランプリを受賞していますが、当時から、その美脚ぶりが話題になりましたよね。受賞の決め手となったのは、真っ赤な水着から伸びる、きれいな脚だったともいわれています。太ももやふくらはぎにはほどよいお肉がのっていながら、膝から下がスラリと長い、まさに理想的なフォルムと言えますね」

最近の長澤がエラいのは、その見事なるおみ足を、まったく出し惜しみしないことだ。
「12~13年に放送されたドラマシリーズ『都市伝説の女』(テレ朝系)では、"利用できるものは利用する"と割り切り、自慢の美脚をあらわに現場を駆け回るミニスカ刑事を演じ、大好評となりました」(前出のテレビ誌記者)

また、カトパンは、自らEカップだと告白して男性人気を決定的にし、現在の地位を確たるものとしたが、もちろん、バストなら長澤だって負けていない。
「グラビア活動をしていた時代には、その美しいバストが大きな注目を集めました。女優に専念するようになってからは、なかなか見せてくれなくなりましたが、現在も、EカップともFカップともいわれ、その膨らみは男性ファンの視線を釘づけにして止みません」(前出の芸能記者)

次ページ >> ポスト・カトパンの本命!? 長澤まさみに「女子アナ」転身オファー

ポスト・カトパンの本命!? 長澤まさみに「女子アナ」転身オファー

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.