日刊大衆TOP 芸能

『報ステ』も視野に!? 宮根誠司「全国制覇」一本道プラン

[週刊大衆10月12日号]

『報ステ』も視野に!? 宮根誠司「全国制覇」一本道プラン

物腰柔らかだが切れ味は鋭く、標準語と関西弁を自在に操る。硬軟取り混ぜていつの間にか、すべてを飲み込む勢いなのだ。!

「やしきたかじん亡き後、今や、関西テレビ界のドン。"ポストたかじん"は宮根誠司(フリーアナウンサー・52)で決まりです」
と言うのは放送評論家の小田桐誠氏。

関西では、もはや敵なし。
「進撃の巨人ならぬ"進撃の喋人"といったところですよ。その進撃は東京へも及び、全国制覇する勢いです」(放送作家)

関西ローカルのアナウンサーというイメージは、もはや過去の話。今では全国的な"日曜夜の顔"になりつつある。
「宮根が本格的に東京進出を果たしたのが5年前。東京キー局制作の『Mr.サンデー』(フジテレビ系、日曜22時~)のキャスターとして、かなり数字(平均視聴率10%前後)を叩き出していますね」(民放関係者)

その『Mr.サンデー』のスタッフは、つい先日、宮根の大物ぶりを痛感することになった。お盆明けの日本列島を震撼させた寝屋川少年少女殺害事件。その取材でスタッフが大阪へ行ったときのことだ。
「宮根さんに挨拶に行ったんですが、"そうか、そうか……東京からわざわざよう来たな。まず飯でも食おうや"と、超高級ホテルの最上階でもてなされたんです」(制作スタッフ関係者)

その後、北新地のクラブで大盤振る舞い。そのとき、他局のことながら、宮根がキャスターを務める『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系、月~金の13時55分~)の話になったという。

『ミヤネ屋』はご承知の通り、大阪読売テレビ制作ながら、全国で放送され、宮根の東京進出のキッカケになった番組。今年の終戦記念日の前日には、太平洋戦争の激戦地・硫黄島から生中継を行った。
「新地のクラブでは、その硫黄島ロケの話をしきりにしていて、"あんなん行けてよかったわ~。すごいで自衛隊"と、ご機嫌でした。どこへ行っても"顔"といった感じで、改めて、宮根さんが"大阪のテレビ王"だという事実を思い知らされた一夜でした」(前同)

宮根の人気の源泉は「標準語と関西弁を巧みに操り、物腰穏やかなところ」(関西のテレビ関係者)。前出の小田桐氏は、それらに加え、切れ味鋭い丁々発止のトークを評価する。
「今の報道番組はどこも、ネットの炎上などを恐れて、どこか自主規制しているイメージがありますからね。その点、宮根は本音をズバズバ話す。少し乱暴なところはありますが、僕は嫌いじゃないですね」

その指摘通り、たとえば『Mr.サンデー』では、他の報道番組にはない強みを発揮しているという。
「過去には、女優の沢尻エリカの離婚や蛯原友里の結婚などのスクープを連発。作曲家・佐村河内守氏の問題では、新垣隆氏が、ゴーストライターだったことを公表して初めて『Mr.サンデー』の取材に応じ、話題になりました」(スポーツ紙芸能担当記者)

次ページ >> 『報ステ』も視野に!? 宮根誠司「全国制覇」一本道プラン

『報ステ』も視野に!? 宮根誠司「全国制覇」一本道プラン

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.