日刊大衆TOP 芸能

[最強打者伝説] 張本勲 日本球界だけで3000本安打を記録した日本最強のスラッガー!

[増刊大衆09月29日号]

[最強打者伝説] 張本勲 日本球界だけで3000本安打を記録した日本最強のスラッガー!

「あわや、場外」というド派手なホームランだった。
80年5月28日、ロッテ対阪急戦。6回裏、阪急の山口高志投手が投じた初球を張本勲が振り抜いた次の瞬間、ボールはライトスタンド上段の金網にのめり込むように突き刺さった。

張本は打球の行方を見定めると、被っていたヘルメットを空中に放り投げた。盛大な花火がドカン、ドカンと打ち上げられ、スタンドのあちこちから歓声が飛んだ。プロ野球前人未到の記録、3000本安打が達成された記録的な一打であり、晴れやかな瞬間だった。

張本は1940年、広島県生まれ。朝鮮半島から海を渡ってきた両親の間に生まれた在日韓国人二世だ。本来は右利きなのだが、4歳のとき、やけどをして小指の自由が利かなくなり、グラウンドでは左投げ、左打ちを通した。

体が大きく、野球の上手い少年だった張本は、貧しい暮らしから抜け出す手段として、野球選手になろうと考え、大阪の名門・浪華商に進学する。
当初は投手として活躍した張本は、巨人の水原監督から、高校を中退して投手として入団するように勧誘されたが、肩を痛めたため、実現することはなかった。その後、野手に転向してプロ入りすることになる。

張本の代名詞は「安打製造機」だが、広角打法と呼ばれる特徴を持っていた。どんな球でも自在に、右に左に打ち分けてヒットにしてしまうのだ。
高卒入団1年目から20年連続シーズン100安打以上を打ち、打率3割を16回もマーク。晩年のイメージからはなかなか想像できないが足も速く、63年の41盗塁を筆頭に、通算で319盗塁をマークしている。

この記録を含め、通算成績でトリプルスリー(3割300本塁打・300盗塁)を達成しているのは、プロ野球史上、張本ただ一人。日本球界だけで達成した3000本安打を合わせれば、「日本最強の安打製造機」と呼ぶことをためらう必要はないだろう。

[最強打者伝説] 張本勲 日本球界だけで3000本安打を記録した日本最強のスラッガー!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.